2010年11月02日

無期懲役判決に思うこと

裁判員制度は今後一切改革されないわけ
ではないでしょうけれど、初の死刑求刑
に対して、裁判員たちが出した結論は無
期懲役でした。判断に伴う心理的な苦痛は、
大変だったろうと思います。


ただ、裁判員制度の下では死刑判決が事実
上なくなるのではと懸念される材料が残った
感は否めません。誰も他人の命を奪う決定
などしたくないからです。


そもそも、裁判員制度には大きな欠陥が
ありました。裁判員に任命される時点
での問題です。

もしも、死刑廃止論者ばかりが偶然集まった
としたなら。。。

殺人を趣味にするような凶悪な犯人でも
死刑にならないことに。。。?


子竜はいつも言っておりますが、裁判員
に量刑の決定まで求めるのは素人に負担
を掛けすぎなのです。

アメリカの陪審員制度のように、有罪か
無罪かのみを決定させるのが法律の素人
にできるギリギリのところではないで
しょうかね。


今回の判決ですが、全員一致だったのか
あるいは意見が分かれていたのか、公表
されていませんね。

その部分が一番大きな焦点なのですから
ぜひ公表してほしいと思います。


そして、被害者の遺族の感情を考える
なら、検察には控訴してほしいです。

たとえ、また無期懲役の判決になった
としても。。。



※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 15:54| Comment(0) | 裁判員制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。