2010年12月06日

中国へのODAは必要か?

ODAとは、外務省が所管する発展途上国
に対する政府開発資金援助のこと。

有償と無償の部分があり、資金と技術の
援助とに分けられている。


最近、中国の目に余る行為があったからでは
ありませんが、GNPが日本を抜いて世界
第二位となった国へ三位の国が援助すると
いうのは理屈に合わなくなっています。

有償の資金援助は北京オリンピック後に
打ち切られ、現在は償還されるだけに
なっていますが、無償の資金援助と技術
援助は毎年それぞれ約1500億円が供出
されています。


そして、一番問題なのは、ODAの推進
原則の中に対象国の民主化の促進という
項目で、民主化する気のない国へは援助
してはならないという点なのです。


もちろん、無償の援助には日本国民が
納めた税金が使われているわけでして
事業仕分けの対象になっていないのは
疑問ではないでしょうか。


現在も日本から無償で3000億円を毎年
受け取っている中国。

それだけあったなら、かつての定額減税の
いくらかは実施できて、経済効果も高いのでは
ないでしょうか。


誰か菅首相に伝えてくれませんかね。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 11:12| Comment(0) | 国際援助 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。