2011年04月10日

反原発の論拠

東京で反原発のデモがあったようです。

そろそろ始まる頃ではないかと思って
いましたが、現実に放射能被害が出ます
と、デモに参加した人たちの気持ちは
よくわかります。

が、一方で東京に原発を作ればいいという
多くの方の主張に対して、左翼の論法だと
決め付けているブログがありましたので、
ひとこと言っておきたいと思います。



ブログの運営者は海外に在住の人です。

地方も都会からの恩恵を様々に受けている
のだから、原発のみを問題視して都市と地方
との関係を悪く言うのはおかしいとの意見
でした。



子竜が思いますに、実際に被害が生じて
安全神話が崩れ去った今、右翼であろうと
左翼であろうと、原発の付近に住んでいる
人の心情は穏やかではないでしょう。

ことに福島第一原発の事故のために、避難
させられている人たちのことを思うと、
イデオロギーなど何の関係もないことです。



絶対に安全というなら、都会のど真ん中に
つくればいい。

子竜も同じ主張を数日前に書きました。

地価の問題や用地確保の問題は別としても
現実的でないことはよくわかっています。

言いたいのは、本当に安全なのであれば、
という点なのです。



100%ではないから、都会の近郊には
作らないのだと思いますよ。

地方の工場誘致だって環境汚染を招くなど
という点とは次元の違う危険性なのです。



とはいえ、子竜も絶対的に原発に反対という
わけではありません。代替のクリーンエネルギー
が充実するまでは、何とか事故なく運転して
ほしいと思っておりました。

人それぞれに意見はあるのでしょう。

ただ、反原発運動は左翼政策だと決め付け
ているのがちょっと引っかかったのです。

ともかく、一日でも早い収束を望みます。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html







posted by 子竜 螢 at 22:22| Comment(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。