2011年04月21日

民放の奮起に期待

民放各社の経営状態が大変らしい。

というのは、震災以降、スポンサーがCMを自粛
したために収入が激減したからです。

加えて、震災の報道に巨額の資金を使ったために、
地方の局などは苦しい経営を強いられています。



なのに、総務省は地デジ化を被災地を除いて予定
どおり7月24日に実施するという。

ある民放の経営者によれば、地デジ化にともなう
放送機材の買い替え費用も経営を圧迫している
といいいます。



もともと、親方日の丸のNHKと競争させられて
いるわけですから、営利企業でありながらも儲け
などを意識して経営を行なっていたわけではあり
ません。

もしも民放がなくなれば、寂しい国になりますよ。
まるで共産国かと思うでしょうね。

そうならないためにも、自粛ムードを早く一掃
しなくてはなりません。



何度も言いますが、自粛は少しも被災地のために
はならないのです。自粛論者は他人の目を気にして
自粛を叫んでいるだけではないでしょうか。



日本の元気は民放から。。。
子竜はそう思います。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:民放 自粛ムード
posted by 子竜 螢 at 05:29| Comment(0) | テレビ アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。