2011年05月24日

ネットリサーチをはじめました

ネットリサーチとは、ネット上でアンケートが
できるサイトのことです。

子竜は昨日からライブドアのリサーチに2件
提示しました。投票は誰でもできますし、
ライブドアのIDを取得すれば、誰でも案件
を提示できるのが魅力です。



比例区で当選した国会議員の離党や転党は許される?
http://research.news.livedoor.com/r/61788

野球でもサッカーの天皇杯のような大会があったらいい?
http://research.news.livedoor.com/r/61789



あなたもぜひ投票してください。

投票コメントを書いていただきますと、さらに
嬉しいです。





posted by 子竜 螢 at 11:53| Comment(3) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
投票しときました。けっこう面白いですね、こういうの。
それと、首相の公選についてですが、やはり政治は政治家がやるべきではないでしょうか。
誰でもなれるという考え方自体、間違っていると思います。
タレントや有名人はそういう風に排除すべきです。
Posted by Pearsword at 2011年05月24日 17:11
首相公選制のシミュレーションです。
現在の日本は立法と行政が一緒で明確に三権分立されていません。
まず首相立候補者は政党を作るか、何処かに所属すること。
国民は応援する人の政党を自由に選び、党内の予備選挙に参加する。
選ばれた各党の首相候補者から国民投票で首相を選ぶ。
タレント候補やマスコミ押しの候補も出て来て失敗するかもしれない。
独国ヒトラーは選挙で国民に選ばれたという悪例があります。
過去によくよく学んで自らの国の宰相を自ら選ぶのです。
首相は任期内において行政令を公布でき、国会の法律と矛盾する場合には、
行政令(今すぐ緊急に必要な事だから)が優先される。これは国会内の
数合わせで何も決まらない事態を防ぐ。あくまで任期内。
大臣も財界や学者、官僚や国会議員から首相の責任で選べる。
パッと思い付いた事を述べました。
まず否定ありきではアイデア思考が停止してしまいます。
天才作家のブログに対して、つたないシミュレーションですみません。
Posted by いばらき at 2011年05月25日 00:36
Pearsword さん、いばらきさん、お二人とも熱心
ですね。本当に励みになります。

首相公選制にした場合の最大の問題点は、大臣の
人事が空転するかもしれないという部分です。

単にTV出演などで有名な人が当選してしまった
場合、既成の政党からの協力は得られそうにあり
ませんし、大臣全員を民間からの起用では官僚さん
たちの天下になってしまいます。

しかし、政党から候補者を出すのでは今までと
あまり変わらなくなってしまいますし、難しい
ところですね。

「戦艦大和2010」では公選された首相を主人公
に据えましたが、今読み返してみますと穴だらけです。

天才作家ではありませんよ。
Posted by 子竜 螢 at 2011年05月25日 09:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。