2011年05月28日

入梅の季節

梅の実が黄色く色づきはじめる頃の長雨なので
梅雨といいます。

日本列島が梅雨前線に横たわられると、青空が
恋しくなりますよね。



今年の入梅は全国的にも10日以上早いそうで
すが、だからといって地球温暖化に直結させる
のは早計でしょう。ずっと昔にも早い入梅が
何度もあったからです。



梅雨時期に気をつけなくてはならないのが食品
の保存ですが、意外に衣服の保存にも気を配る
必要があります。

少し塗れたままで放っておくとカビが生えたり
しますので、こまめにケアしたいところです。



台風2号が接近中です。梅雨前線が刺激されて活発
になりますから、震災で地盤が低下した地域などで
は水害に注意してくださいませ。

でも、津波による塩害を受けた田畑は塩分濃度が
薄められるかもしれません。



ともかく、嫌な季節ではあります。
体調の管理にも充分に留意しましょう。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:入梅
posted by 子竜 螢 at 17:59| Comment(3) | 自然環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
入梅早いですね。
福島の土壌も、梅雨の雨で、汚染が染みてて取れなくなってしまうとか何とか聞きました。
仕方ないことなのかもしれませんが、気がかりです。
今年は冷夏ですかね。
Posted by Pearsword at 2011年05月29日 08:07
子竜先生の仰るように、津波の塩分も放射能も雨で流れて
清められたらいいですね。

いばらきの地方では田植えが出来ません。
震災で川の堰も用水路も田圃も壊れてしまいました。
このままでは無収入かつ堤防の決壊も怖いので、
天地の神に祈ってます。倒れた水神様は復旧しました。

神社の修繕には大金がかかり、住民も自宅復旧等に
出るものが多く、神様も雨ざらしで申し訳ない限りです。

昨今付きまとう悪い神様は残らず雨で清められて、
青空と七色の光射す時代が待ち遠しいです。
子竜先生もお身体に気を付けて下さい。軍神、読んでます。
Posted by いばらき at 2011年05月29日 14:46
Pearswordさん、ご訪問ありがとうございます。

気象庁の長期予報では、今夏は平年並みらしい
ですが、去年のような猛暑だけはないと思い
ますよ。

根拠のない予測で申し訳ありませんが、昨夏の
ような猛暑が二年続いた記憶はありません。



いばらきさん、コメントありがとうございます。

宗教関連の施設には憲法上国の支援ができない
ですから住民負担になるのでしょうね。

でも、子竜は被災地の人々のパワーを信じて
います。きっと以前にも増した繁栄が約束
されていると思いますよ。

軍神の艦隊は10年ほどかかって構想した物語
です。ご精読ありがとうございます。


Posted by 子竜 螢 at 2011年05月29日 15:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。