2011年06月11日

日本人に生まれてよかった

ペンネームが中国人っぽいのは、三国志に
登場する趙雲子竜が大好きだから。

子竜は日本人です。

誇れる先祖の人物は、前田家の家老を勤めた
横山長知という人ですね。



飲んだ後のお茶漬けを食べるとき、日本人で
よかったなんて思うことも。。。

ラーメンやカレーも日本の食文化として定着
しましたから、美味しい日本万歳です。



四季があり、さまざまな人情で支えあう日本人
の姿は、震災後に世界から注目されています。

あれほど大規模な災害だったのに暴動が発生
しなかったのは日本だけとか。。。



日本人に生まれて本当によかった。
両親に感謝です。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:日本人
posted by 子竜 螢 at 19:01| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

 おひさしぶりです。

 私もよく日本人で良かったと思います。
 食などはもちろん、日本語の素晴らしさを実感したときなど…

 あ、ブログ引っ越したので良かったらお暇なときに^^
Posted by Y at 2011年06月12日 05:50
父は酒乱で昼も夜も酒を飲み、必ず家族に当たり散らします。
30代息子の人生も小説も本を読むのさえも毎日「全否定」です。

高熱の時、枕元で喚くので、殴り合いの喧嘩をしたこともあります。
病は気からと言いますが、大学で1人暮らしになった時には、
重い喘息もピッタリ治りました。転地療養は効果的です。

憂鬱な毎日ですが、小説は私の「光の剣」です。
東北の子供たちも本から勇気を貰えるといいですね。
Posted by いばらき at 2011年06月12日 14:31
Yさん、超お久しぶりです。

ブログを拝見しました。流行のアメブロですね。
村上春樹さんの受賞スピーチ全文掲載とは驚き
ました。

賛否両論があるようですが、これからも楽しみ
にしておりますよ。



いばらきさん、ご訪問ありがとうございます。

子竜の隣家にもそういう父親が昔いましたね。

家族の人たちが子竜の家に避難してきたほど
でしたが、地域の民生委員の人を通じて断酒
の強制入院をさせた結果、ピタリと治まり
ました。

でも、肝心なのは酒乱になった原因の排除です。

大変でしょうけれど、お父様が本当は何をしたい
のか、どう生きていきたいのかをじっくりと聞いて
あげることではないでしょうか。

これまでの人生できっと辛いことがあったはず。
他人には言えない悩みを抱えているのでは?

小説は避難場所ではありませんので、覚悟を
決して解決にあたってください。

いばらきさんの家族全員が幸せに暮らせますように。
Posted by 子竜 螢 at 2011年06月12日 15:49
父は戦争で実父が死に、養子に出され、養父も病死し、実兄姉も冷たく、
実母の面倒を1人で見ながら、働いて高校を出たと訴えます。
元銀行の支店長、今は町会長で、政治にも熱心です。
温かい家庭を知らずに育ち、寂しくて酒に呑まれ、暴れる病気です。
Posted by いばらき at 2011年06月12日 17:57
趙雲のファンなんですね。私は、スタンダードに孔明です。
三国志は、永遠のドラマですね。
戦争はもう起こしたくないけど、あの小説に描かれる、運命の悲壮さは、芸術ですね。
運命を知らないと、人生が浅いままだ。
そういう意味で、吉川英治の名作ですね。
Posted by Pearsword at 2011年06月12日 20:22
いばらきさん、コメントありがとうございます。

寂しさゆえのお酒だったのですね。

でしたら、たまには一緒に飲んで聞き上手に
徹してみませんか。

絶対に反論したりせず、ご自分よりも年下の
弟を見守る感じで接したら、きっと心を開いて
いただけると思いますよ。



Pearsword さんも三国志ファンなのですね。

子竜はいつか趙雲の一生を書きたいと思って
いるのですが、三国志ものは売れないそう
なので執筆依頼がいただけませんね。

孔明はたしかにヒーローなのですが、後半に
ならないと登場しないので、少しもの足りなく
感じています。

子竜は柴田錬三郎の英雄ここにありから
入りました。
Posted by 子竜 螢 at 2011年06月13日 10:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。