2011年06月14日

反原発派が圧勝

イタリアで行なわれた国民投票で、95%の
人が原発反対票を投じました。

ドイツやスイスに続いて、日本の原発事故を
重く受け止めているようです。

もちろん、すぐに廃止できるものではないで
しょうけれど、代替エネルギーへの転換のメド
さえつけば、ってことなのでしょうね。



日本の賛成派の中にも、代替エネルギーがない
から仕方なく賛成している人は大勢います。

そして、太陽光発電などの再生可能エネルギー
のコスト高と不安定さが理由にされています。



しかし、これまで投じた原子力発電への技術開発費や
耐用年数到来による廃炉にかかる費用などを再生可能
エネルギーの開発に投じていたなら、すぐにでも実用化
できるレベルになっていたのではないでしょうか。

現在、原発を推進しようとしている国を冷静に眺めて
みたとき、ひとつの図式が浮かんでくるでしょう。

そうです。

核兵器を持ちたがっている国ばかりじゃありませんか?



アメリカ・イギリス・中国・フランス・ロシアなど、
国連安保理常任理事国は国威保持のために核実験を
繰り返してきました。

イラン・北朝鮮などは核の平和利用といいながら、
明らかに核兵器の保有を目指しているのです。



これからの日本はずっと人口が減り続けます。
火力や水力だけでも電力はまかなってゆける
はずなのです。

万一にでも重大な事故が発生した場合にはこれまで
積み重ねてきた経済力が一瞬でパーになる原発は
できるだけ早く廃止するに超したことはないでしょう。

それは、今回の事故が証明しています。



子竜は月の電気料金が1000円値上げになった
としても、脱原発を選択します。

あなたはどうですか?





posted by 子竜 螢 at 22:54| Comment(4) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
原子力発電は、種子島のロケット技術とワンセットで、
「核兵器は持たないが作れる」が、日本の裏政策なのです。

スカパーで見ました、アメリカの砂漠での太陽熱発電では、
U字型の反射鏡と、中心の鉄パイプに油か溶融塩を流して
高温油を貯めて置き、夜間でも発電できるという仕組みでした。
鏡と鉄パイプと油なら低コストですよね。

追伸、漫画「テルマエ・ロマエ1〜3巻」が面白いですよ。
Posted by いばらき at 2011年06月15日 00:47
いばらきさん、ようこそ。

安価で安定した代替エネルギーがあったなら
誰も原発を支持しないと思います。

支持したがるのは、核兵器をほしがる人でしょう。

その漫画は知りませんでした。
どういうジャンルなのでしょうね。

ネットカフェにあればいいのですが。。。
Posted by 子竜 螢 at 2011年06月15日 08:58
阿部寛、上戸彩主演で映画化が決定した「テルマエ・ロマエ」は、
ローマ時代の浴場建築家が、溺れると現代日本の風呂にタイムスリップし、
日本の風呂文化をごく短時間だが見て(ローマ的思考で観察する)
生還するとローマ世界に戻り、革命的浴場を建設する物語。
主人公は生真面目で、突然現れた日本でも皆に受け入れられる性格。
(言葉は通じないので互いに一方通行に解釈するのも愉快)
Posted by いばらき at 2011年06月15日 15:25
外国人から見た日本の文化がテーマなのですね。

なるほど、古代ローマからのタイムスリップと
いうのは面白そうです。

漫画はなかなか見れませんので、ぜひ映画で
鑑賞させていただきます。

いばらきさん、貴重な情報をありがとうございました。
Posted by 子竜 螢 at 2011年06月17日 00:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。