2011年06月17日

浜岡原発だけを停止させた理由

まずは、このブログ記事を読んでください。

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/postseven-20110513-20215/1.htm

子竜は背筋が寒くなりました。

大きな地震の可能性がもっともある、なんていう
のは、国民をパニックにさせない方便だったわけ
です。

もちろん、菅首相が責められるべきことではなく、
当時、原発推進を強行した人に責任があるでしょう。



2005年にマンションなどの耐震偽造をした
建築士が国会で証人喚問を受けました。まだ
記憶に新しい事件です。

浜岡原発の耐震偽造はそれ以上の犯罪行為です。

こうなると、全国の原発も怪しいものですね。
本当に安全なのか、原発反対派の建築士や
原子力の専門家による再検証が必要でしょう。



原発廃止を唱えると、推進派の人は決まって
日本型産業の没落と経済の凋落を懸念する反論
を述べますが、直接生命にかかわる重大事です。

経済の発展は確固たる基盤の上にこそ成り立ち
得るものではありませんか。

本当はとても危険なのに安全だと偽ったものに
依存している繁栄など、ちょっとしたことで簡単
に崩れ去るのは目に見えています。



原発を廃止したって電気がなくなるわけじゃあり
ません。コスト高になるだけですから、節電の
努力と工夫次第で経済は維持してゆけると思います。

それが日本人の知恵というものでないでしょうか。



posted by 子竜 螢 at 10:12| Comment(3) | 先端技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうですか、浜岡原発はもともと地震に持たない設計だったんですね……。
告発して、刑事告訴すべきですが、そうはいかないのですか?
何故、原発に拘るのか?技術はおもちゃじゃない、といいたいです。
安全な日本になってほしいですね。
Posted by Pearsword at 2011年06月17日 11:07
技術の世界に政治が入ってくることはよくあります。
「この値だと仕事がもらえない」とか「上からの指示だ」とか。
私も原子力設計の若手として、言われるままじゃなく、
再計算や新方式の導入をいくつも提案しましたが、
上司は安易に書類を誤魔化してしまい、困りました。

責任感のない上司と融通の利かない私を組ませたセンター長は、
怖い人だが絶妙の人事で、安全監視を私に期待したのでしょう。
結局、正義感と上司の妨害によくよく疲れて退職しましたが、
技術的なことは人員と工事費を再分配すれば片が付くのです。

上司は下請けから100万円借りて「次の仕事で返すよ」と
言っていましたが、明らかにワイロで、これを浜岡原発建設
に置き変えると、政治家のワイロは数億円でしょうか?

安全設計の再検証を望みます。原発監督官庁じゃなく、
第三者中立の人がいいですよね。
Posted by いばらき at 2011年06月17日 15:00
Pearsword さん、いばらきさん、
貴重なご意見をありがとうございます。

原発の賛否は日本では半々なのですが
今回の事故をきっかけに、真の愛国心
と義心に政治家も技術者も目覚めて
ほしいものです。

安心して暮らせる日本。

早く実現しませんかね。
Posted by 子竜 螢 at 2011年06月18日 13:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。