2011年06月25日

小笠原諸島が世界自然遺産に

小笠原諸島が世界自然遺産に正式登録されました。

前日、パリのユネスコ本部で開かれた認定委員会
は、日本から申請のあった小笠原諸島と平泉のうち
小笠原諸島の正式登録を決定。



小笠原諸島が正式登録された理由として、人が
住んでいる島が父島と母島に限られていることや
固有種の動植物が多いことなどが挙げられています。



太平洋戦争の末期に激戦地となった硫黄島は小笠原
諸島の一員ですが、それだけに、自然環境を保護
すべき地域に認定されたことには意味があるでしょう。

ちなみに、平泉の認定可否は日本時間の26日未明
になる予定です。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 22:36| Comment(2) | 自然環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
世界遺産、どんどん増えていきますね。
世界の市民全体が、地球の遺産の意識を持って、地球を大切に、環境を大切に、という気持ちが高まっていけばいいと思います。
節電も、必要なのかもしれませんね。
Posted by Pearsword at 2011年06月25日 23:00
Pearsword さん、いつもコメントありがとうございます。

平泉も世界文化遺産に正式登録されましたね。

日本には美しい風景がまだまだありますが、次の世代へ
そのまま渡してゆくには、今の世代がいろんな意味で
努力しなくてはいけないでしょう。

ある程度のガマンが必要かもしれませんね。
Posted by 子竜 螢 at 2011年06月26日 12:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。