2011年07月16日

ヘラの馬鹿焼き

夏といえばうなぎですね。

今日の記事は「やかん」という古典落語の一節です。
あくまでも落語ですので、信用しないでください。



うなぎは鵜が呑み込むのに難儀するところから
「うなんぎ」→「うなぎ」になったそうですが
タレを付けて焼く料理を、昔は「ヘラの馬鹿焼き」
と言ったそうです。

ヘラヘラと泳ぐからヘラ。

馬鹿にうまいので馬鹿焼き。



蒲焼なのでは?



はい、ひっくり返さないと焦げてしまうので
「バカ」が「カバ」になりました。



土用の丑には昔から食されてきたうなぎですが
天然ものはなかなか食べられなくなりました。

しかし、養殖ものでも栄養価が高く、食欲が
落ちる真夏にはありがたい食材ですよね。



ちなみに子竜は

「ひつまぶし」をずっと「暇つぶし」だと思って
いました。名古屋の人は暇つぶしにうなぎを食べる
のかなって。。。



というわけで、毎日暑いですが、健康に留意
しながら頑張りましょう。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:蒲焼
posted by 子竜 螢 at 11:14| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
子竜先生、毎日暑いですね。うなぎ美味しそうです。
姪っ子2人とママ、パパは3連休を利用して、シンガポール旅行へ。
家が静か過ぎです。

痴呆症で入院中の祖母がいます。両親共働きで祖母に育てられました。
私が病気退職(喘息、過労とお酒で肝臓をやられた)したのも、
私自身さえも判りません。

晴耕雨読でのんびりしている場合ではありませんね。
頑張らねば、何かを為さねば、人生時間は有限だと教えてくれます。
Posted by いばらき at 2011年07月16日 21:11
本当に暑いです。
今日も35度を超えていますね。

いばらきさんと子竜は30歳ほど離れていますが
30年もあれば、大概の人に追いついて追い越す
なんて簡単ですよ。

おばあさんが生きていらっしゃるうちに成果報告
してあげてください。それが最大の恩返しだと思
います。




Posted by 子竜 螢 at 2011年07月17日 11:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。