2011年07月30日

円高が止まらない

1ドルがついに76円代に突入しました。

しかし、これは円高というよりもドル安の
傾向が強く、為替介入したとしても効果の
薄い状況です。



今さら言うまでもなく、アメリカ国際が来月
2日の期限にて債務不履行に陥るかどうかが
焦点です。

新たな国債発行が連邦議会で認められなかった
とすると、円ばかりではなく世界的な経済混乱
は必至でしょう。



円高はたしかに原油などの輸入品を安くして
くれる面はあるのですが、投機マネーが集中
しやすい原油は相変わらず高値のまま。

なので、家電や自動車などの輸出関連企業が
大きな打撃を受ける構図になっています。



原因がアメリカにありますので、政府や日銀が
いくら介入してみたところで焼け石に水。

8月2日の為替推移を確認した後に、あらためて
対応を決めるしかなさそうです。



それにしても、ほとんど金利の付かない円を買う
なんて、世界中の投資家は何を考えているので
しょうね。

オーストラリア・ドルでしたら年利5%も付く
のですから、FXよりも確実に稼げそうですが
ね。。。



何はともあれ、国際の追加発行に踏み切りたい
オバマ大統領が無策のまま8月2日を迎えると
も思えません。

どんな隠し玉を用意しているのでしょうか。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:為替 円高
posted by 子竜 螢 at 22:47| Comment(0) | 為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。