2011年08月16日

御国のために命を捧げられますか?

御国のために死ねますか?

NHKが特集番組の宣伝のために流している
短いCMの一節です。



この中で気になったのは、若い男性の発言でした。
「命をかける価値がある国とは思えない」



実際に命をかけるかどうかは別として、その男性は
感謝という言葉を知らないのでしょう。

きっと、国道を歩いたり自転車や自動車で走った
こともなければ、学校にも通ったことはなく、病院
や医院で保険証を提示したこともないのでしょうか。

いずれも国が制度として確立したために受けている
恩恵であって、徴収した税金の有意義な使い道として
得られた制度なのです。

これほど整っている国は、そうありません。アメリカ
だって医療保険制度は未整備なのですからね。



蛇口を捻ると飲める水が出てきます。
スイッチを入れると、エアコンが作動して涼しくなります。
お金さえ出せば、ほとんど何でも好きなものが買えます。

しかし、それを当たり前だと思っていたなら、感謝
という気持ちは生まれませんね。より豊かな生活を
より快適な国民生活を目指して頑張っていただいた
先人たちからの恩恵を忘れてはならないのです。



本当に命をかけるほどの国ではないのでしょうか。



子竜は日本人に生まれてよかったと思っています。
日本は世界一素晴らしい国だと思っているのです。

逆に、命をかけるほどの国ではないとお考えならば
日本という国を構成しているその男性だって屑野郎
ということになるでしょうね。

ご先祖にあらためて感謝をする。

それがお盆という時期だと思います。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:有事 国家と個人
posted by 子竜 螢 at 00:36| Comment(4) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も先生のご意見に賛成です。何でも否定すればかっこいいと
勘違いしている輩が多いのには辟易です。
靖国参拝に反対している方達もどのような信念で唱えているのか
疑問です。
石原都知事が言うように戦没者の方達の犠牲があって今の日本の平和があるのです。
何でもかんでも否定ではこの先の日本はますます下降線を辿るのでは?と不安がよぎります。
故郷を愛せない人間は大成しないと聞いたことがあります。
自国を愛せない人は悪い事は全部他人のせいにする傾向があるのでは???
Posted by 花子 at 2011年08月16日 09:52
もし子供が溺れていたら、思わず水に飛び込むのが、仏の心。
日本が侵略されたら、女子供を守って戦うでしょう。
喘息の為、全力疾走は1回のみ。ギリギリまで粘って特攻です。
死ねるか?臆病者で死ねません。出来る事をやるだけです。

実祖父は郵便屋さんで東京大空襲に遭い、骨一つ残っていません。
嫁と子供3人。昼は郵便、夜は夜学に通って中央大学を出たそうです。
妻子を疎開させるため茨城にも来ており、公務があるからと、
東京にトンボ帰りして空襲に遭いました。みんな真面目だったのです。

政府首脳が靖国神社に行かないとは、歴史を捨てた亡国です。
都知事には水戸黄門となって悪代官を退治してもらいたい。

今年の茨城米は放射能被害で「捨て値」の大赤字でしょう。
もし家を廃墟にしたら御先祖様は怒るでしょうね。
これからは、多方面に収入源を確保する努力が、必要そうです。
昨日高熱だった姪っ子は、はしゃいで走り廻るほどの元気です。
Posted by いばらき at 2011年08月16日 15:16
靖国まで行けないので嫁はんの実家側(富山市)の墓参りの時は磯部の護国神社へお参りに行きます。靖国神社はその特殊性からいろいろ物議をかもしますが必要であることは間違いないと思いますね。
Posted by 西田です at 2011年08月17日 06:56
花子さん、いばらきさん、西田さん、いつも
貴重なご意見をありがとうございます。

コメントをいただきますと、とっても励みに
なりますね。感謝です。

三人とも靖国問題に触れておられますね。

はい、国の代表者としては、強制徴兵した
責任上、行くべきだと思いますよ。

たとえ、政教分離の原則だとか中韓からの
批判があろうとも、別問題なのですから。

でもね、行く行かないによって、靖国神社は
一種の踏み絵になってるのじゃないかなって
思いませんか。

国民が政治家の質を見るのに、こんなにわかりやすい
踏み絵はありませんよね。

ネット上では、菅内閣の不参拝を支持する書き込みが
多いです。理由として、靖国神社が穢れなくてよかった
などと書かれてありますから、なるほど、と感心して
しまいました。

また遊びに来てくださいませ。
Posted by 子竜 螢 at 2011年08月17日 15:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。