2011年09月29日

スイスも脱原発へ

スイス政府も脱原発を発表しました。
ドイツに続く思い切った決断に、EU
各国の注目が集まっています。



現在、スイス国内には4箇所5基の原発
がありますが、2034年までにすべて廃
炉にするというものです。

チェルノブイリ、福島の事故は、周囲
の大きな範囲で人が住めなくなるとい
うことを教えてくれました。

ロシアのような広大な国であればいざ
知らず、スイスの面積で原発事故が
あったなら、国そのものが滅亡する
という危機感があるのでしょう。

日本だって、西日本のどこかの原発が
事故を起こしたなら、住める場所が
なくなってしまいます。



なのに、まだ原発を再稼動させようと
いう人がいるのには信じられませんね。

電力不足そのものは、休眠中の火力
発電所を稼動させれば解決できますし、
再生エネルギーの開発状況や安定度
は関係ないのです。



原発推進派はなぜか脱原発を左翼運動
だと批判しています。たしかに、デモ
参加者の中にはそういう人もいたので
しょう。

しかし。。。

国そのものが消滅してしまう危険を
憂慮することがなぜ左翼活動になる
のでしょうか。

原発を推進して国を危うくさせよう
とする者こそ左翼運動家ではないで
しょうか。



人間は神様じゃありません。

人間のすることは常に不完全であり
重大なミスがいくつも偶然に重なる
ことだってあるのです。

いくら安全対策を何重にも構築した
ところで、ミスそのものがなくなら
ない限り、絶対安全、はありえません。

そして、予想外の自然の猛威にも、
人間は勝てないのですから。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:脱原発
posted by 子竜 螢 at 15:04| Comment(3) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
それは、喜ばしいニュースですね。
そういう国が一国また一国と増えていって欲しいものです。
日本も、東京都の例がありますから、どんどん反原発やってほしいです。
Posted by Pearsword at 2011年09月29日 20:08
子竜先生、こんにちは。
まるのです。

私も原発は減らしていくべきだと思います。地熱発電、波力発電などは代替発電として可能性が高いのでは?
それにしても福島原発事故は世界中に知れ渡っているのに、まだ原発を輸出するとの発言。恥ずかしくないのかな。

本日やっとのことで「とやま文学賞」に応募完了です。ちょうど50枚です。完成度は文句なく今までで一番いいのですが、どうなのかなあ。一番といっても自分の小説の中では、ですから……

ほっとして、後で読み直してみると気になるところが数箇所ありました。もっと表情、仕草をさりげなく描写すべきだったとか、女性の服装、化粧などをもっと書き込むべきだったとか、「物」をもっと丁寧に……など。一番忘れていたと思ったのは「五感」です。感情をもっと「五感」に訴えていけばよりリアルになったはずです。視覚と聴覚だけに偏っている気がします。

なぜ今になって気づくのでしょう。
次は気をつけようと思います。

でも、ちょっと自信がついたので次回はもう一度「北日本」に挑戦しようかな? でも、30枚は短いですよね。
先生がおっしゃった「家族愛」を書くなら「父親と娘」のようにとのご指摘を頭において、的を絞った描写に徹しようと思います。
でも、300枚くらいの長編も書きたいなあ。

題材で決めようかな。

日々研鑽あるのみ。


失礼します。



Posted by まるの at 2011年09月30日 00:05
Pearswordさん、いつもありがとうございます。

経済産業省の試算では、原発がなくなると電力
が不足するなんて言っていますが、完全にウソ
ですよ。

水力発電の稼働率が6割で計算されていますし、
東電の試算も似たようなものです。

どこの会社に稼働率6割なんていう工場がある
でしょうか。本当に稼働率が6割だとすれば
世界一高い電気料金になるのは当たり前ですね。

野田政権がその試算を鵜呑みにしているから
大問題です。新党日本と社民党の試算では
むしろ電力は余り過ぎるほどなのですから、
多くの国民が騙されているとしか思えません。

脱原発というよりも、原発不要論ですね。



まるのさん、頑張っておられるようですね。

富山文学賞にはサークルのメンバーも多数
応募していますから、激しい競争になるかも
しれません。

でも、いいところまで行けると思いますよ。
これまで受講生の方としては、佳作が最高
ですが、今回は大賞に輝く人が出るような
予感がしています。

応募してからミスに気づくのはよくあること
ですが、何度も応募するうちにミスは自然と
なくなります。

あまり気にせずに、ドシドシ応募しましょう。

よくある勘違いなのですが、長編は短編よりも
難しいと考えている人は多いですね。

原稿枚数が多いというだけで即断するのは危険
です。むしろ、少ない枚数の中で必要な場面や
情報を書き込んでまとめるほうが難しいのです。

なので、どちらも書けるようにしておくほうが
いいでしょうね。長さはテーマによって決定
されると覚えておいてくださいね。
Posted by 子竜 螢 at 2011年09月30日 20:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。