2011年10月13日

ハングルは日本人の発見です

2011年10月11日、環球時報に以下のような記事
が掲載されました。

「韓国メディア、ハングルこそ最も優秀な文字」

そう述べて自画自賛しているのですが。。。



日本が半島を併合した当時、半島の人々は文盲
でした。ほとんどの人が書くことができず、一部
の有識者がかろうじて漢字を使っていた程度
だったのです。

これに危惧した当時の日本政府は、半島の3000
箇所に学校を作り、基礎教養を学べるようにまで
しました。

もちろん、学校の建設費は日本国民が納めた税金
から支出されています。



一方で、漢字を使用するのは一から学ぶ人たちに
とってハードルが高いので、日本の言語学者たち
が、日本のカナ文字に相当するものはないかと
探し回ったところ、半島でずっと昔に使われていた
ハングル文字を発見したのです。

ハングル文字は、本当の使い方とは違った部分も
導入されましたが、それは、文盲だった半島の人
たちに使いやすさを優先したためです。



要するに、実態はこうなのです。

ハングル文字は日本人が発見したものであること。
日本人が建設した学校によって、学べるようになったこと。
日本人言語学者によって、より使いやすいように改変されたこと。

これでも半島独自の誇れる文化だと絶賛している
のは滑稽としか思えませんね。

まあ、剣道やソメイヨシノまで発祥地だと言っている
のですから仕方はありませんが。。。



日本が建設した学校は、近年まで使われていました。

韓国の政庁である青瓦台は、朝鮮総督府だった建物
です。これはまだ使われていますよね。

半島の人々は、日本に併合された苦しみばかりを
言わないで、感謝の気持ちも述べてほしいと思う
のは子竜だけでしょうか。

国会図書館の植民地白書を見ればわかりますが
半島を併合した後、搾取するどころか学校や
病院などの建設のために手出しになっているのです。



日本に併合されたからこそ、今の繁栄があります。

それとも、ずっと文盲のままのほうがよかったの
でしょうか。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:ハングル語
posted by 子竜 螢 at 13:28| Comment(2) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先生の言う通りですが、さすがに日本に感謝の言葉は述べないと思いますが・・・。(苦笑)
Posted by 西田です at 2011年10月13日 18:10
西田さん、ご訪問ありがとうございます。

感謝の言葉なんて期待できない国ですよね。
儒教の国なのに、あれっ、と思ってしまいます。

日本の周囲には嫌な国ばかりですね。

Posted by 子竜 螢 at 2011年10月14日 19:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。