2011年10月14日

原発の発電コスト

国の原子力委員会が、正しい発電コストを計算
するために、福島第一で発生した事故の賠償金
や除染の費用を含めることにしました。

今更、という感じですが。。。



これまで、原発の発電コストは1キロワットあたり
5円〜6円でしたが、上記の費用5兆7000億円
を含めることにしたものです。

これによって、火力発電と同程度かそれ以上になる
ものと思われますが、まだ肝心なものが抜けています。

原発の建設を受け入れてくれた自治体への交付金
が抜けていませんか。

1基450億円ともいわれていますから、馬鹿に
できない発電コストでしょう。



さらには、原発の現場で作業をしている人の給与
や賞与は、他の発電所と同額なのでしょうか。

危険手当などが支払われているのではありませんか。



こういうふうに、原発のために我々は世界一高い
電気料金を払わされてきました。原発のために
休止している火力発電所の維持費まで電気料金に
含まれていたのです。



原発がなくなると電気が足りなくなる、という計算
は、なんと火力発電の稼働率を6割という低いもの
で計算されていました。

そんな馬鹿な稼働率では、電気料金が高くなるのは
当たり前ですよね。

もちろん、6割なんていう低い稼働率なわけがあり
ません。建設時には8割以上で計画されていたはず
であり、そうでないと採算が合いませんよ。



日本のエネルギー使用量のうち、電力は2割以下です。

全原発の稼動を完全停止させて火力発電に戻したと
しても、大気汚染の進みはそう多くありません。CO2
の問題にしても、天然ガスを燃料にするとほとんど
出ません。

また、原発廃止による雇用の喪失は、再生可能エネルギー
分野での雇用が高まりますから、これまた心配は無用
なのです。



というわけで、少しずついい方向へ向かっているよう
ですので、今後の動きに期待したいと思います。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 19:34| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。