2011年10月15日

開き直りもここまで来ると

九州電力から、やらせメール問題に関する
最終報告書が経済産業省に提出されました。

中国を訪れていた枝野大臣が激怒の会見。

もっと怒ったのは、事件の検証を進めてきた
第三者委員会リーダーの郷原信郎弁護士です。



第三者委員会の検証では、やらせメール事件の
発端は佐賀県知事の意向が強く反映されてもので、
原子力委員会などの関与もあったのではないか
との結論に達しています。

つまり、原発を推進しようとする人たちがグル
になっていたといった報告だったわけです。



ところが。。。

九州電力は記者会見で会見で、こう言いました。

郷原さんはすでに委員長をやめておられますし、
委員長ではないわけですから、私どもには私ども
の見解がありますので。。。

それが、第三者委員会の検証結果をまったく無視
した報告書提出の理由だという。



開き直りもここまで来ると立派かもしれませんね。
なかなか、ここまで開き直れるものじゃありませんよ。

九州電力のホームページには、まだこんな記載も
あるほどですからね。

「日本で原子力発電所の事故が発生することは
考えられません」

福島第一の事故から七ヶ月も経つのに、まだ削除
されていないのですから、唖然とします。



そしてさらに、責任を取って辞任すると表明して
いた社長が、辞任を撤回するという。

地域独占企業だから地域住民は仕方なく九州電力
から電気を購入していますが、普通の民間企業
だったら、不買運動やら何やらで倒産に追い込まれる
ほどの開き直りっぷりですね。

お見事、と言っておきましょう。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





posted by 子竜 螢 at 14:16| Comment(0) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。