2011年10月16日

ギリシアの信用不安解消策

リーマンショックに匹敵するギリシアの信用
不安ですが、これがユーロ安を招いており、
日本の円だけが世界で突出した形となって
おります。

震災があって復興が急がれる中、ギリシア国債
がちゃんと償還されるかどうかは、世界の経済
にとって頭の痛い問題です。



日本に限らず、先進国は一様に少子高齢化現象
を抱えており、各国内の経済格差が広がって
います。

高齢者の社会保障を今までどおりに厚くしている
と、確実に財政危機に陥るのです。

日本では年金の支給開始年齢を引き上げる動き
がありますが、それでは若い世代にしわ寄せが
行くだけで、何の解決策にもならないでしょうね。



ギリシアはもっと深刻で、観光収入が毎年減って
いるとのことですから、画期的な打開策を打ち出す
必要があるかと思います。

そこで、

子竜が考えたのは、オリンピックの開催権を販売
することです。



オリンピックは元々ギリシアが発祥地で、開会式
の入場行進ではギリシア選手団が必ず先頭に立つ
ほどに特別な存在として認められています。

オリンピックを自国で開催したい国は、ギリシア
にいくらかの開催権利料を払うようにしてはどう
でしょうかね。

オリンピックを開催する国は財政にゆとりがある
証拠なのですから、開催権を販売してもいいと
思いますよ。

IOCは発祥地ギリシアの危機に際して、これく
らいの特権を認めてもよさそうなものだと思います。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:ギリシア 国債
posted by 子竜 螢 at 19:54| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
面白いですね〜。
おそらく小国の国家予算並みのぼったくりな権利料になるのでは。
でも労働人口の大多数が公務員な国なんか破綻して当然ですが。
Posted by 西田です at 2011年10月16日 20:46
西田さん、いつもありがとうございます。

破綻するのは当たり前なのですが、破綻
させてはいけないから頭が痛いですよね。

影響が世界中に及びますから、困った
ものです。

他にいい方法はないものでしょうかね。
Posted by 子竜 螢 at 2011年10月17日 12:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。