2011年10月17日

誰に対して怒っているのだろうか

やっぱり、というか、ニューヨークのウォール
街で始まったデモが世界の1400都市にまで
拡大しました。

経済格差の象徴として、世界屈指の金融街での
デモのことですね。



しかし、

段々といろんな人が参加してくるにつれて、目的
と怒りの対象がブレてきた感じがします。

リストラ解雇された人も、自分への扱いを経済
格差などと叫んでみたりで、怒りの相手が国な
のか金融機関なのか勤めていた会社なのか、わ
からなくなってきました。

つまり、ただの不満分子の集まりと思われる
ようになったため、最初は理解を示していた
行政側も取り締まりに転じるようになりました。



対象がはっきりしないネガティブな叫びは、
余計に不幸を呼び込みます。ダメ人間だと
自分を叱っているようなものですから、ます
ます落ち込むのです。

対象がはっきりしている場合は、逆に、頑張る
エネルギーとなってくれるのですが、世界中に
広がってしまった運動の輪は、どのような形で
収束するのでしょうか。



子竜の叫びは対象が常にはっきりとしています。

無能な政治家は、今すぐに辞表を書け!


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 12:42| Comment(2) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
震災後、福島第一発電所で働いた人は19,000人。
そのうち100mSv以上の重度被爆者137人。
東電、日立、東芝、私の知り合いも多いでしょう。

19,000人にも家族が居て、金の為や住民の為に、
放射能の封じ込めをやっている。
夏の炎天下で、長靴、防護服、防塵マスクは大変です。
でも本当の地獄は、数年後にガンで苦しむことでしょう。

安全への政治介入、学者の保身、予算による設計の甘さ、
トラブル対応者の権限なし、事故時の官邸による迷走指示、
パニック防止という名目での被爆者の拡大。

あくまで推測ですが、退避すべき放射線量地域でも、
住民をそのままにして、政治的理由で隠ぺいしたようです。

政府の食品暫定基準値とは何ぞや? 極端に例えるなら、
酒1升飲むと健康に被害があるが、9合までなら安全なの?
個人差があり、下戸の私などたった一口で頭痛です。

家の本を数百冊選別していました。押入れが重さでヤバイので。
買った時の話題作も、あらためて好き嫌いで読んでみると、
ダンボール4箱分も処分です。本棚で人間性が判るそうですが、
すっきりしました。映画は、
「インシテミル」主演:藤原竜也 サスペンスは好きではありません。
「十三人の刺客」主演:役所広司 ストーリーはまあまあです。
「僕と妻の1778の物語」主演:草K剛 購入したい良作です。
主人公が「やらないと後悔する」と言って必死に頑張るのですが、
小説しか出来ない。病気の妻の為に毎日一篇の小説を書く。
空想家の作者の妻への愛はとても深く大きく、涙しました。
Posted by いばらき at 2011年10月17日 16:10
いばらきさん、コメントありがとうございます。

本当にいろんな経験をされてきたのですね。

そして、読書量の多さと研究熱心さには感服
させられます。日々勉強というライフスタイル
もすばらしいものです。

近い将来に、花咲くことを子竜が保証します。

これまでの様々な経験を、自分以外の人のため
に生かしてくださいね。
Posted by 子竜 螢 at 2011年10月18日 13:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。