2011年10月28日

今日で人類絶滅?

ツイッターなどで10月28日が人類最後
の日などとツイートされていますよね。

元はといえば、2012年という映画のネタ
だったマヤ文明の暦です。

マヤ文明の暦は、2012年12月23日
までしかなく、人類の滅亡を意味している
のではないかと騒がれました。

かしかし、その日付が間違いで、2011
年10月28日が正しいという学者が書籍
を出したため、信じる人があったのでしょう。



でもね、ノストラダムスも外したように、
予言は占いと同様に、当たるか当たらないか
は解釈の仕方ででっちにも転ぶものです。

そもそも、マヤ文明が2012年どころか
数百年も前に滅んでいるのですから、信じろ
というほうが無理でしょう。



今日はあと数時間あります。

その間に何が起きるかわかりませんが、70
億人に達しようとしている人類は、地球その
ものが破壊されない限り、全滅することは
ないでしょうね。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:人類滅亡
posted by 子竜 螢 at 19:55| Comment(2) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
目標とは理想郷を作る事じゃあないですか?
病院で点滴を受けている時、進歩しているなぁ、
昔は大変だっただろうな、と感じました。

世界の貧困、日本の心の貧しさを失くさねば。
小説で説教はしません。楽しませて時間を忘れ、
余韻に何かが残ればいいでしょう。

公募ガイドなど、小説講座3万円のようです。
読む時間と添削の労力は大変なのでしょう。
さらに子竜先生は超一流ですから大人気ですね。
今日も映画研究します。
Posted by いばらき at 2011年10月28日 21:33
いばらきさん、いつもありがとうございます。

公募ガイドに載っているところは、子竜も昔
受講したことがありますが、添削に出した
作品の出版話を持ちかけて、自費出版料を数百
万円も見積もりしてくるようなサギ業者でした。

それと同じ業者かどうかはわかりませんが、
ひとつだけ言えることは、講師が本職の作家
じゃないと意味がないってことでしょうか。

子竜が既存の小説通信教育を調べた限りでは、
元新聞記者だったり、定年退職した学校の先生
だったり。。。

しかも、かなりの高額です。
「けいこにまなぶ」なんて、24万円でしたね。
驚きました。

なので、もう少しお待ちくださいね。
Posted by 子竜 螢 at 2011年10月29日 21:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。