2011年10月29日

バブル崩壊の兆しか?

国際貿易において、中国への依存度が年々高く
なりつつあります。アメリカをも上回る貿易
額で支えられている日本ですが、ここにきて
注意が必要となりました。

ご存知のように、一人っ子政策を続けてきた
中国は、ほどなく少子高齢化社会を迎えます。

数年後には人口世界一の座がインドに奪われ
ますし、高度の経済成長の陰では国民の貧富
の差が日本以上に生じているのです。



3日前のニュースで知ったのですが、中国政府
は国内の不動産投機が過熱することを恐れて、
地価や建物価格の適正化を指示したところ、
とんでもない騒ぎに発展しました。

マンションや分譲住宅の価格が半値以下まで
下落し、それ以前に買った人たちが不動産
業者に差額の返還を要求する騒ぎになりました。

これって、日本のバブル崩壊のときにも見られた
現象ですよね。北京や上海の不動産価格の加熱
ぶりには懸念をしていましたが、ついに始まった
かという感じです。



中国では地上げ屋が当局の威を借りてまで暗躍
したのは公然の事実でしたが、こうも早く崩壊
するとは予想外でした。

これが中国株の暴落につながらないという保証
はありません。世界の中で中国だけが一人勝ち
できるほど世界経済の仕組みは甘くなかったと
いうところでしょうか。



貧富の格差を埋めて暴動の発生を抑えるための
政府指導が、奇しくもカダフィ大佐の死亡直後
だったことから、政治的な選択肢を検討して
いる暇はなかったのでしょう。

ともあれ、海外ニュースでは大変な騒ぎらしい
です。日本から進出している企業も適正な対処
をしないと、まともに崩壊の波を被ることに
なるかもしれません。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:中国 バブル崩壊
posted by 子竜 螢 at 20:22| Comment(3) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中国といえば孔子。

大学時代、助手の先生と仲が悪かったのですが、
私は、深夜の実験室で「論語」のテープを聞きながら、
化学実験(抗生物質をつくる)をしていました。

助手の先生が教授の前で「あいつ1人で論語なんか聞いてた」
と馬鹿にしたのですが、そのとき教授は何も言わなかった。

後に教授の実験に、助手の先生ではなく、私が選ばれました。
教授はお爺ちゃんで、多くの知識と経験を伝えてくれました。
心眼を持ち、器の大きな人物で、ちゃめっ気のある親分。

お爺ちゃん教授は退官し、助手の先生が現在の教授です。
研究者のつぶし合いは事実です。告げ口やゴマすり等。
彼が勉強は秀才でも、生徒への愛情はあるのか、心配です。

「インスタント沼」主演:麻生久美子 おかしな独り語り
「めがね」主演:小林聡美 何もしない宿
「南極料理人」主演:堺雅人 良い作品

たった1、2分差でメガネっ子さんが昼食に帰ってしまい、でも、
「ハリウッド脚本術」を取っておいてくれたので、入手しました。
すごく良い本ですね。考えながら読むのに精神統一します。
Posted by いばらき at 2011年10月29日 22:57
日曜日は、市役所も休みなので朝から酒を飲んで
くだをまいている父がいます。大変です。

町民みんな自分の不満ばかりを主張して、
そういう人ほど、何も協力しない。

バリバリ出張していた息子が、家庭菜園だと、
ふざけるな。金を稼いで、嫁さんもらえ。

まあ怒りにも愛があるのでしょう。
酒乱の不動明王だと思って、酔いがさめるのを
待ちます。何気ないヒントもありますし。

姪っ子が七五三。お祝いを上げました。
父も孫娘には目尻がさがり、ご祝儀ふんぱつ。
喜怒哀楽がはっきりしていて面白いです。
Posted by いばらき at 2011年10月30日 12:16
いばらきさん、ご訪問ありがとうございます。

かなりの数の映画を観ていられるのですね。
そろそろ、読書よりも有益な理由がわかって
きた頃でしょうか。

ハリウッド脚本術の理解を深めるためにも、
とくにハリウッド映画を観るほうがいい
ですよ。

今後が楽しみです。
Posted by 子竜 螢 at 2011年10月30日 21:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。