2011年11月01日

為替介入の意義

10月31日に為替介入がありました。

介入の資金量は明かされていませんが、担当大臣
に資金量を質問した記者には呆れましたね。

手の内を明かしてしまったら、せっかくの介入が
無駄になってしまうことがわからないらしい。



とまらない円高は、日本の経済実態を決して反映
したものではありません。

むしろ、震災の復興であえいでいるのですから
円安に向かってもいいくらいなのです。



しかし、以前にも書きましたが、単独での介入は
効果のほどが長続きしないでしょうね。

またジリジリと上げ傾向になるのではないでしょうか。



企業にとっては円安が好ましいのですが、生活レベル
では円高のほうが物価安になります。石油や小麦が
安く輸入できますからね。

ただ、長期の円高は雇用の減少になりかねませんので
欧米の財政状況が早く改善されなくてはなりません。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 12:45| Comment(2) | 為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
子竜先生の最新刊「超日米大海戦1」を読みました。
架空戦記の新時代が来ました。独創的で面白いです。
臨場感が凄いです。次巻がとても楽しみです。

父は市の研修で、浜岡原発の視察。
何で今更原発なんだ。東北被災地の自治の方が、
勉強になるだろと、市役所に文句を言いました。
でも参加。この行動力が人脈なのかな?

ガンツ、マトリックスですね。
引き続き、映画研究を頑張ります。
Posted by いばらき at 2011年11月01日 23:27
いばらきさん、ご購入ありがとうございました。

ちょっと変わった架空戦記になりましたが、
読まれた人の感想は、いずれもよかったです。

これをシリーズ化できれば今後が楽なのですが
どうなるでしょうかね。先のことはわかりません。

読書するより映画を観るほうがいい理由は、わか
りましたでしょうか。わかったなら他の人に見ら
れないようメールしてくださいね。
Posted by 子竜 螢 at 2011年11月02日 08:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。