2011年11月02日

TPPに対する国民の反応

ライブドアのネットリサーチによりますと、
TPPへの参加には84%の人が反対と答えて
います。

評論家の間では半々というイメージかと思って
いましたので、国民目線での結果には意外な
感じがしました。



ただ、反対意見の多くは農産物に関する理由で
エネルギー・食料・兵器は自給自足できないと
輸入する相手の言いなりに陥る危険を孕んで
いますからね。

世界の人口が70億人を突破してなお増え続ける
これからは、エネルギーや食料が必ず輸入できる
という保証はありません。

国防という観点からも、その二つは例外品とすべき
でしょう。



しかし、一番の問題点は、政府の姿勢ですね。

加盟によって、企業にではなく、国民にどんな
メリットがあるのでしょうか。ちゃんと説明も
せずに党内や無党派での綱引きばかりやっている
ようでは、賛成したくてもできませんよね。

逆に8割以上の人が賛成しないと加盟しない、ほ
どじゃないと、政治に丁半博打を持ち込むのは
論外です。

ましてや、協議に加わった途中で抜けるなんて、
可能かもしれませんが、日本の信用が失墜する
でしょうね。

国民不在の論議など、しないでいただきたい。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:TPP 関税
posted by 子竜 螢 at 08:36| Comment(6) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「時をかける少女」主演:仲里依紗 涙しました。
谷口監督はいい仕事をしました。見る前の期待値の百倍いい作品です。
おススメです。
Posted by いばらき at 2011年11月02日 16:22
やっぱりTPPは日本にとって、あまり有利でないのでしょうかね。
国内が不安定なこの時期をわざわざ選んで、TPPの話が出てきたのは、アメリカの陰謀なんでしょうか。
外交も大切ですが、まず足元を固めたいのが、国民の意見ではないでしょうか。
政府にはしっかりしてもらいたいです。
Posted by Pearsword at 2011年11月02日 22:44
アメリカの日本乗っ取り計画?

参加、不参加、どっちに転んでも日本は大転換を余儀なくされるでしょうね。
Posted by 西田です at 2011年11月03日 12:44
いばらきさん、コメントありがとうございます。

かなり古い映画ですが、昔の作品には情緒が
ありました。物語を作る立場としての感性が
刺激されますよね。

もっともっと感性を磨きましょう。それが
作家への最短距離ですよ。



Pearsword さん、いつもありがとうございます。

中国・韓国・フィリピン・インドネシア・カナダ
が参加していないTPPなんて意味があるのかどうか。

アメリカの陰謀とまでは思いませんが、アメリカに
有利な枠組みなのは間違いないでしょうね。

今は震災の復興に全力を注ぐべきときです。なのに
なぜ難しい問題を持ち出したのか、政府の政策は理解
できません。



西田さん、ご訪問ありがとうございます。

不参加の場合は何も変わらないと思いますが、風当たり
は今まで以上に強くなるでしょうね。

強い農業が育ってから、日本の提唱で新たな枠組みを
作ればいい。そんな気がします。
Posted by 子竜 螢 at 2011年11月03日 23:12
私もTPPに関しては、反対です。

まず、関税自主権の撤廃と言う概念が理解不可能です。日本は明治開国以来の不平等条約の改善を50年かけて行ってきました。それを復活させるメリットはがどこにあるのか、政府は説明を行っていません。

人・物・金の一元的開放と言うのは、各国の法律が有るので統制が不可能になると思いますしね。
お米の価格が1/10になるとTVで流れてましたが、それは消費者の都合で生産者側の都合は無視されてますし、各国との物価水準も違うので各国間でのFTAで良いと思います。
今、目の前でEUの失敗を目の当たりにしていながら、参加する方向で検討するのは非常に愚策です。

折角の円高なのですから、日本は輸入優先で国外に工場を置いて、パテント優先の知的財産国家に変貌するチャンスだとしか思えません。
今政府が行うべきは、日銀に紙幣の流通量を今の1.5〜2倍にするという事と、震災地域に新たな経済特区を作る事ではないかと思います。

日本は、国民主権の国家であり国家からの恩恵は国民に帰依するものですから、民主党の言う地方主権と言う日本語にはない日本語を流通させようとする姿勢には、甚だ疑問が残ります。
Posted by König at 2011年11月04日 03:09
Königさん、コメントありがとうございます。

よく勉強なさっておられますね。感心しました。

農産物・エネルギー・兵器の三つは国防上高く
ても自給自足はなくてはなりません。経済だけ
の視点で考えるのは、そもそも論外ですよね。

さらには、震災の復興に全力を注ぐへきときです。
別の重要案件も入れると、どうしても相反する部分
が出てくるでしょう。

たとえば、福島県の農業ですね。

あれもこれもというのは、政府に理念がない証拠です。
10年後にはどんな日本を目指すのか、がまったく
ないのでしょう。

国民にビジョンを提示して希望を与えてくれる政治家
はいないものでしょうか。

またお待ちしております。
Posted by 子竜 螢 at 2011年11月04日 11:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。