2011年11月12日

頭の悪さで迷惑する国民

野田政権が誕生してから、当ブログの辛口度がアップ
したとの指摘を受けています。

はい。たまには甘口で行きたいのですが、頭の悪い
トップがいると下々が迷惑しますので、やはり叩く
ところは叩いておかないといけません。



TPPなどというすでに多国間で機能しているものに
今から参加して、日本が望むルールを目指すなんて、
ハードルが多すぎますね。

それよりも、各国の主食となる農産物の例外などを
盛り込んだまったく新しい枠組みを日本から世界へ
向けて発信したほうがいい。

要するに、野田首相という人は既存の会社に就職は
できるけれど、起業するという発想のない人です。

だから、官僚の言いなりになりやすく、新たな発想
ができません。消費税の値上げにこだわっているの
は頑固だからと思っていましたが、ようやくわかり
ました、

きっと、他の発想ができないのです。既存のものの
値上げしか頭になく、新たな税制の構築なんて望め
ません。



ともかく、こういう人を首相に選んだ民主党の議院
たちの責任は重いですよ。

大事にならないうちに、さっさと総選挙しましょう。

ただし、自民党も。。。ねえ。。。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:TPP
posted by 子竜 螢 at 06:47| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新聞の記事を珍しく読みましたが、日本のしっちゃかめっちゃかな状態をどうにかしたいという、野田首相の意気込みは伝わってきました。
しかし、内外に敵があり、TPPがそう簡単に日本のために都合よく働くとは、思えません。
カナダも参加を突っぱねられたと聞きます。
コメの自由化がアメリカ議会を通す条件のように思えてならないのですが……。
Posted by Pearsword at 2011年11月12日 13:41
Pearswordさんもお気づきだと思いますが、
野田首相の最大の問題点は、外交を甘く
みている点ではないでしょうか。

日本の都合が悪い条件を提示されたとき、
本当に途中脱退なんてできると思っている
のでしょうかね。

文句を言うだけ言いながら仲間に加わらない人
は、どこの世界でも信用されないでしょう。

だから、日本が考えたルールによる枠組みを
作って、反対に加盟しないかと誘うのが一番
なのです。

環太平洋に限らず多くの国が賛同して加盟して
くれたなら、TPPよりも魅力のある協定に
なるでしょう。

所詮は他国が決めたルールの中へ入っていく
のですから、すでに不利なのですよ。

そこんところがわかっていない人が重要な
外交なんて、怖いですね。
Posted by 子竜 螢 at 2011年11月13日 13:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。