2011年11月14日

やっぱり、ね

最近はTPPに関する記事をよく書いて、参加を強行
しようとしている野田首相を批判してきました。

しかし、TPPの実態がわかるにつれて、あまりにも
馬鹿馬鹿しい茶番であったことが判明です。



子竜も勘違いしていた部分なのですが、すでに加盟
している各国の承認がないと日本は加盟できません
よね。

そういう制度上のことは知っていたのですが、アメリカ
の国内で日本の加盟に反対している有力な勢力の存在を
忘れていました。

そう、自動車業界です。



アメリカの自動車業界は、とくにトヨタ車の関税が撤廃
されるとまったく売れなくなる懸念に直面しています。

そして、来年の大統領選挙にもっとも強い影響力を持つ
のも自動車業界で、オバマ大統領が日本の加盟を歓迎
すればするほど、自動車業界からは敵視されるでしょう。



つまり、産業界は賛成で農業界は反対という日本とは
まったく逆の現象がアメリカで起きているのですね。

これでは日本が加盟する自体も難しいでしょうし、
日本が有利になるルール改正なんてできるはずなど
ありません。

ということは、震災の復興に全力を傾けるべき時期に
実現不可能なことを持ち出して世間を騒がせ国民を
不安に陥れたのは、鳩山氏の普天間問題と同じです。

日本の加盟が否決されたとき、総選挙になる可能性
が強いでしょうね。来年の春先ですよ。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:TPP
posted by 子竜 螢 at 09:06| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。