2011年11月15日

原発神話の崩壊

原子力発電について、財界はずっと原発の再稼動
を叫んできました。日本の経済に悪影響を及ぼす
という説明で。。。

しかし、ここ四半期のGDPは原発が停止しても
急成長を遂げています。原発神話は経済の面でも
完全に崩れました。

残ったのは、多額の賠償負債だけですね。



自分の都合のいいようにしたいのはわかりますが
ウソはいけませんね。原発がないと日本の経済が
あたかも沈没してしまうなどというウソは。

国際的な経済は、そんなに単純ではありませんよ。

もしも火力をすべて止めて原子力にしたなら、日本は
よくても産油国の経済が大変なことになります。
日本の製品が売れなくなりますよね。

今回のGDPの伸びは、震災復興の需要ではなく
途上国との貿易収支が生んだものです。産油国の
数字も多分に含まれていることでしょう。



もう原子力はいりません。

それとも、核兵器がほしくて原発賛成なのですか。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:原子力発電所
posted by 子竜 螢 at 23:52| Comment(2) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうなんですか、GDP増加しましたか。
原発産業は国の援助金で成り立っているようなものでしょうからね、GDPには貢献しないのでしょうか。
国連で、原発全廃条約でも締結してくれませんかね。
ドイツやイタリアのその後が知りたいです。
Posted by Pearsword at 2011年11月16日 21:46
Pearswordさん、いつもありがとうございます。

原発はもともと高価で安くはありませんから、
世界的な脱原発はもっと進むでしょうね。

原発を動かしたい国は核兵器を持ちたい国だけ
でしょう。

そして、核兵器とは絶対に使用できないので、
抑止力にもならないことを知らない国だけです。
Posted by 子竜 螢 at 2011年11月17日 19:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。