2011年11月19日

FX取引に停止命令が

金融庁が国内でFX取引を仲介している121社に
対して、三ヶ月間の業務停止命令を出しました。

来年の2月16日までは、FX取引ができません。



これは円高を招いている加熱した取引への規制だと
思われるのですが、名目は自社資本比率が100%
を割ったことに対するペナルティーとのことです。

それにしても、すべての業者が対象になっているの
は前代未聞ですね。ドル売り円買いをさせないため
の規制にしては大げさすぎます。

為替の急激な変動に対する保険がFXの本来の役割
だっただけに、輸出産業は困ることでしょう。

国内での生産活動は、保険のない状態なのですから
もう無理ですね。海外へ逃げるしかありません。



もしも三ヶ月の間に自己資本比率が改善しなかった
なら、この国は終わってしまいますよ。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:FX
posted by 子竜 螢 at 10:30| Comment(0) | マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。