2011年11月21日

汚く儲けてきれいに使う

最近になって、若者たちのお金に関する意識に
危うさを感じるようになりました。

とくに東日本の震災後は、刹那的な使い方をして
いる若者が目立ちますね。

いいえ、若者だけじゃなく、中年層にまで広がり
つつあるでしょう。



日本の教育水準は間違いなく世界一だと思うのですが
なぜかお金に関する教育は軽んじられてきました。

悪いことをしないと金持ちになれないなどという
間違った意識が根付く原因になっています。

ですから、稼ぐことや儲けることに罪の意識が働く
ので、絶対に金持ちにはなれません。



汚く儲けたっていいんですよ。
貪欲に儲ければいいんです。

その代わり、きれいに使いましょう。



若者の多くはその逆です。

ニートでも失業しても、それほど真剣に収入面の
心配をしているようには見えない反面、ゲーセン
やパチンコに通っています。

きれいに儲けて汚く使うという典型ですね。

使い方のきれいと汚いは、誰かのためになっている
使い方なのかどうかという点です。自分の欲望を
満たすだけの使い方を汚いと表現しています。



汚く儲けたっていいんですよ。
貪欲に儲ければいいんです。

その代わり、きれいに使いましょうね。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:自己啓発 金儲け
posted by 子竜 螢 at 08:59| Comment(6) | マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「汚く儲けて綺麗に使う」というのは、私を含めた無職ニートへの痛烈な皮肉なのでしょうが、私は、やはり、「汚く」は儲けられませんね。
 仕事には、やりがいや理念が必要で、それをなくすと、何でもありに成ってしまいますから。
 でも、「綺麗」も「汚い」も無いんじゃないですか。その人の性格がでるだけで、自己責任ですから。
 犯罪者は、監獄行ってもらいましょう。
 基本、自由ですよね。
Posted by Pearsword at 2011年11月21日 13:13
もう何年も経っています。過去の自公政権のツケは終わりです。
困難を調整するのが政治家です。政権党は責任を持つべきです。
日立は民主党よりで、職場内の各フロアで選挙候補の演説です。
街頭演説ではサクラ命令です。あちこちに同業者の顔が。
原子力企業の応援で当選した代議士は、もちろん推進派です。
労働組合や自動車、電気産業の政治家が、TPPなのでは?

学生時代は「金儲けは卑しい」と思っていました。
就職して休日が1ヶ月に1日だけの激務生活になると、
「勝手に増える」と思っていました。使い道がないし。
身体を壊して減収すると「お金は生命線」となります。
立場や苦労で、金銭観は変わってしまいます。
妻子があれば、石にカジリ付いても、なのでしょう。
Posted by いばらき at 2011年11月21日 14:45
カジノの博打で100億円使った元会長ってのもいますしね。
Posted by 西田です at 2011年11月22日 09:09
Pearsword さん、コメントありがとうございます。

日本では金儲けが汚いというイメージがあります
ので、あえて誇張しました。他意はありません。

お金を稼ぐときに理念は必要ですが、使うとき
の理念のほうが大事だと言いたかったのです。

たとえば、ちょっと有名になって大きく稼いだ
からといって毎日キャバクラ通いをしている人
を尊敬する気持ちにはなれませんよね。

お金は使うときの理念だと思います。



いばらきさん、いつもありがとうございます。

日本の新人社会人は、新車を買ったりクレジット
カードを作ったりで、借金からスタートする運命
にあります。

コツコツ貯金して、貯まってから買うという習慣
ではないので、辛い人生になりがちですね。

何歳で気づくか、が人生を大きく左右するのでしょう。



西田さん、汚く使う例をありがとうございます。

稼ぎ方よりも使い方。
これを言いたかったのです。

Posted by 子竜 螢 at 2011年11月22日 10:42
日本の公営ギャンブルで100億すってくれればまだ救いがあったのんですけどね〜。(苦笑)
Posted by 西田です at 2011年11月22日 22:57
西田さん、いつもありがとうございます。

日本のギャンブルですと規模が小さいので
オッズが大変なことになってしまいそうです。

当たっても1倍返しなんてことに。。。

でもまあ、よくぞこれだけ負けたものです。
Posted by 子竜 螢 at 2011年11月24日 00:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。