2011年11月22日

就活が困難な理由

もうすぐ年末を迎えようという時期ですが、来春から働く
場所の決まっていない学生がまだ4割もいるというから驚き
です。

やはり、就職活動は景気に左右されているのでしょうか。



いいえ、景気が悪いと感じているのは庶民レベルの話でして
大企業などは史上空前の利益を上げています。金融業界でも
同様で、利益が労働者に配分されていないだけでしょう。

なので、不況が就活の困難さの理由ではありません。

では、何が原因となっているのでしょうか。



子竜は、大学生のレベルの低下だと感じています。

子竜が高校生の頃は、大学へ進学する者は相当に頭の
良い勉強好きな高校生たちでした。男子でも進学率は
5割以下でしたね。

自分の人生に専門性を見出した者だけが大学へ進学し
大学とは本来そうあるべきものでした。

しかし、今は猫も杓子も。。。



就職内定率が下がったのは、レベルダウンしたからで、
ちゃんとした大学生はとっくに内定しています。

南半球での日没の方角を「東」と答えた大学生が25
%もいるという事実は、小学生以下のレベルを実証
しているのです。

200平米を200メートルX200メートルだと
信じている大学生がいるって現実があるのですね。



現在、大学と同資格の専門学校も含めると、日本には
500校以上もあります。そのうちの何校の名前を
知っていますか。

企業としても、大学卒の給料を払うよりも高卒の給料
で働いてくれたほうがいいに決まっています。

大学卒という肩書きに見合う実力がないと、悲しい
ことに高卒以下の扱いになってしまうのです。

学生さんたちよ、合コンに狂っている場合ではありませんぞ。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:就活
posted by 子竜 螢 at 09:56| Comment(5) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 好況か不況かは一概には言えませんが、エコロジー思想の広がっているこの世の中、少なくともバブル時代よりは、少消費少収入であることは確かです。
 そのとばっちりを食っているのが、中小企業で、減益のなかに人件費とコストの削減を強いられ、人材育成の余地も無く、即戦力ばかり雇います。
 だから、新卒者の内定率が低いのだと思います。
 ハローワークに行って、ここ2〜3年で急激に増えたのが、書類選考です。以前は買い手市場だったのが、今は売り手市場で、倍率が非常に高いことを示しています。
 確かに、若者は考え方も違うし、調子乗っているし、生意気だし、嘴が黄色いので、憎たらしいです。でも、大学生が、無能に成ったというのは、少し悲観的過ぎやしませんか?
Posted by Pearsword at 2011年11月22日 10:30
Pearsword さん、貴重なご意見ありがとうございます。

大学生が無能になったのではなくて、優秀だった
大学生の中へ理念もなく進学してきた人たちが
加わったので、就職内定率を押し下げる結果に
なっています。

優秀な大学生や高校生の内定率は100%に近いの
ですから、やはり意味なく進学した結果でしょうね。
Posted by 子竜 螢 at 2011年11月22日 10:51
私も有名校では無いのですが、恩師は優秀でした。
富山県出身で、戦後ドイツに留学し、英独語ぺらぺら。
お爺ちゃんなのに最新科学の第一人者でした。

一方、大学生は完全に前列組と後列組に二分されていて、
後ろは出席の返事あるいは記名したら、パチンコ、麻雀に
出て行ってしまう。出席していてもムダ話で聞いてない。

もう20年くらい前の話です。バブルを経験し、
第2次ベビーブーム世代で、進学競争は激しかったのですが、
大学に入ったとたんに遊び始めるのです。

私はもっと知りたいと教師に質問攻めでした。
3年生で技術士一次試験合格は、最年少の部類だったでしょう。
二次試験は工場などでの実務経験4年〜7年が必要なのです。

現代の「チャラ男」とは何ぞや。高倉健を見習いなさい。
従兄弟が大学院生。就職を前に金髪を黒の短髪にしました。
旧帝大、性格の明るさと母子家庭の長男という責任感で、
就職を決めたようです。奨学金返さなきゃ。
Posted by いばらき at 2011年11月22日 14:35
私は、地元のアホしか入らないと言われる大学に行き、就職氷河期に就職しましたが、今の子たちよりはましだったかなと思います。

今の子たちの場合は、検証するとかそういう探求型の授業が減ったと言うのが現実なのかなと思います。志しや夢が有ると言う人を探すよりとりあえず来たと言う感じの人が多かった気がしますね。

後は本を読むと言う機会が減ったからだと思いますね。電子書籍とかを加味してもですけどね。読む力が大きく落ちて、書籍の中での人間描写を読まないのでコミュニュケーション力としての察する能力を失った人が多いのでしょうかね。
Posted by König at 2011年11月22日 20:26
いばらきさん、貴重なご意見をありがとうございます。

実態は子竜が想像していたよりもひどそうですね。
就職内定率を押し下げる学生がそんなに多いと、
数年後には5割を切りそうで怖いです。

昔の大学生は、本当に専門的なことを勉強したくて
地域からも期待されながら進学したものでした。

大学を減らしたほうがよくないでしょうかね。



Königさん、いつもありがとうございます。

確たる目的もなく、とりあえず大学へ、なんていう
人が多いからなのでしょうね。

まじめな学生が迷惑しない環境を整えてあげたい
ものですね。

Posted by 子竜 螢 at 2011年11月23日 23:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。