2011年11月26日

おいしいおでんの作り方

暖かい食べ物が心まで癒してくれる季節に
なりましたね。

コンビニではおでんが人気商品になっています。

今回は、自宅でおでんを作ってみましょう。



おいしくするには、味を混ぜないことですね。
混ぜておいしくなるのは奇跡的な確率です。

ダシの素になる具財は牛スジだけにして、玉子
やロールキャベツは入れません。

大根・豆腐などの定番具財を用意したなら、汁
を作りましょう。



汁は、牛スジを大量に煮込んで作ります。
醤油はほんの少しにして、塩味にしますと具財が
黒くならずにおいしく見えます。

鷹のツメを入れて牛スジ汁を真っ先に作るのが
ポイントです。他の具財はまだ入れません。

牛スジのダシが出てきたら、鷹のツメを上げて、
大根などの煮えにくい具財から入れてゆきます。



煮るコツとしては、ずっと加熱し続けるのではなく
時々火を消して冷ましますと具財に汁が染み込み
ます。煮物の基本ですね。

寒い晩は、暖かいおでんです。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:おでん
posted by 子竜 螢 at 23:18| Comment(2) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
経験豊富な先生のレシピ、とてもありがたいです。
自分ではなかなか作れませんが、作り方をしっていれば、いずれ作る日も来るでしょう。
タカノツメを入れるんですね。ピリカラということでしょうか。
黒いおでんの方が、むしろ美味そうなので、醤油を多めに入れて見たいです。
いずれ、そのうち……。
Posted by Pearsword at 2011年11月27日 14:20
Pearswordさん、コメントありがとうございます。

醤油味のものは最初はいいのですが、作り足しを
していくうちに、古い具財は真っ黒になってグロ
く見えてしまいます。

というよりも、牛スジの味が充分に染み込んで
いれば、他の味付けはほとんど必要ありませんし
くどくなるだけですよ。

素材の味を楽しむためにも、醤油はなるべく控え
ましょう。
Posted by 子竜 螢 at 2011年11月28日 10:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。