2011年12月05日

ボーナスは納得できない!

東京電力の冬のボーナスは、平均37万円
が支給されるという。

ええっ!

驚いたのは子竜だけではありますまい。



実質的に破綻している企業がボーナスを支給
するなんて、いかにも親方日の丸的な経営
姿勢でしょう。

単なる民間企業のことでしたら、いくら支給
しようと関係ないのですが、補償に税金が
投入されるのですから、全国民が批判する
権利を有しています。



そもそも、東京電力は、福島第一の事故を
地震が原因であると考えているのですから
とんでもないのです。

想定外の津波?

3年前に危険が指摘されていたはずですよ。

しかも、過去に3回も同様な規模の津波が
襲っている地域なのです。



いいえ、もともと海抜270メートルの高台
だったのを、建設費が高額になるという理由
で掘り下げて造られたのです。

これを人災と言わずして何なのでしょうか。



何度も述べますが、ただの民間企業の話でし
たら、いくらボーナスをはずもうが関係あり
ません。一方で多額の税金が投入されるから
怒っているのです。

世間にはゼロボーナスの会社はいくらでもあり
ます。円高や長引く不況にみんな耐えています。

ボーナスを支給する余力があるのなら、全額
避難者と被害者に補償していただきたい。

すべての補償を終えるまで、福島第一の事故が
完全に収束するまで、ボーナスの支給をすべき
ではないと考えます。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。お歳暮にどうぞ
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





posted by 子竜 螢 at 11:17| Comment(6) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
震災で停電になり、断水と寒さと過労が重なり、
同級生の母親が、心不全でお亡くなりました。
喪中ハガキが届きました。
被害者は、津波、原発だけじゃないのです。
東北の多くの人が、避難住宅で寒いでしょうね。
せめて本が勇気を与えてくれればいいですね。
Posted by いばらき at 2011年12月05日 19:37
いばらきさん、いつもありがとうございます。

先にお願いをしておきたいのですが、サイドバー
のところにある「にほんブログ村」の緑色のバナー
を毎日クリックしていただけますと有難いです。

最近はブログランキングで3位に落ちるときも
あって、少し落ち込んでいます。

よろしくお願いいたします。

さて、同級生さんの件ですが、子竜は身内の死に
ついてこう考えています。

子竜の両親はすでに他界しているのですが、自分
もいずれはこの世を去ります。

つまり、同じところへ行くわけですから、永遠の
別れではなく、何十年間だけの別離なんですね。

ですから、その間は自分なりに頑張って、亡くなった
両親に胸を張って会いに行けるようにしたいと思って
います。

同級生さんに、そう仰ってみてはいかがでしょうか。
きっと、寂しい気持ちがなくなって、生きる気力が
湧いてくると思いますよ。
Posted by 子竜 螢 at 2011年12月06日 09:45
先生のお考えはとても勉強になります。
どこからそのような知恵と知識を得られているのかと毎回思います。
ちなみにポチはさせてもらっています。(読ませてもらったお礼に)
Posted by 花子 at 2011年12月07日 11:43
花子さん、いつもポチしていただき、ありがとう
ございます。

子竜は特別なことなんて考えているつもりはないの
ですが、もしも自分が政治家だったら、とか、責任
者だったら、などと当てはめてみるだけですよ。

ただね、57年も生きていますので、若い人よりも
収集した知識が多くて当たり前だと思います。

父親が病に倒れた高二のときから家計をやりくり
してきた苦労も、ひと役買っているのかもしれま
せんね。

今は家族がみんな死別していませんので、人との
出会いやつながりを大切にする主義になりました。

それらの視点からニュースや事件を捉えているだけ
ですので、決して特別じゃないですよ。

Posted by 子竜 螢 at 2011年12月07日 18:46
私も子竜先生が好きですが、たぶん父も先生は好きでしょう。

父は東京大空襲で実父が死に、養子に出されて養父も病死。
次男坊なのに実母を引き取って、米野菜とヤギ乳を売り、
土方作業をして、高校の学費と生活費を稼いだそうです。

親分肌で農業高校の副生徒会長にも選ばれたそうです。
校長先生が恩師で「畑違いだが、銀行に行ってみろ」と、
親戚や知り合いの無い父に就職を世話して呉れたそうです。

高校生が家長なので、地元長老たちからイジメられた話を
よく聞きます。「自分が偉くなったら弱い人を助ける」と
悔しさをバネに歯を食いしばって頑張ったそうです。

お酒を飲むとそんな話です。怒っても意地悪ではありません。
喧嘩して大好きになる人と、敵になる人がいますが。
私も立身出世して頑張らねば。父の皮肉は愛のムチ。
Posted by いばらき at 2011年12月09日 01:14
そこまで褒められますと照れてしまいますが
偉大なお父上ですね。コメントを読ませて
いただく度にそう思います。

立身出世は目指すものではなく、自然に徳と
して備わるものですから、お父上が元気な間
にエキスを吸収しておいてください。

いずれはお父上の本当の偉大さがわかり、何を
学び何を目指すべきかがわかるでしょう。

そういうお父上がいらっしゃるいばらきさんが
ちょっぴり羨ましいですね。
Posted by 子竜 螢 at 2011年12月09日 16:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。