2011年12月12日

海事を重視せよ

黄海で違法操業を取り締まっていた韓国の
警備隊員が、中国の船員に刃物で刺されて
死亡するという事件がありました。

このところの中国のやり方は強行的で、漁業
監視船などは堂々と日本の領海を侵犯しています。



中国が海を意識し始めたのはごく最近のことなの
ですが、不幸なことに、世界中が海へ出ようとし
た14世紀から19世紀までの間、中国はまったく
海への関心を示さず、世界の海洋の支配図が完成
してしまいました。

いまさら頑張ったところで、どこにも伸ばせないのです。

なのに、覇権で解決しようと空母まで建造したようですが
国際社会に覇権を認めてもらえると信じているところが
不思議ですよね。



かといって、日本も安穏とはしていられませんよ。

現在4隊ある海上自衛隊の護衛隊群を5つに増やして
石垣島か沖縄本島あたりを拠点とする護衛隊群を新設
しないと不安です。

新設といってもとくに護衛艦やイージス艦を建造する
必要はなく、地域配備されているもののうちから4隻
ばかり抽出すれば、とりあえずは充分でしょうね。



日本の領土と領海を合わせた広さは、なんと中国よりも
広いのです。「小日本」と中国人はバカにしていますが
そんなことはありません。日本人はもっと海へ目を向け
るべきでしょう。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。お歳暮にどうぞ
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 13:13| Comment(2) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
折角伊勢クラスのヘリ空母を運用開始いしているんですから伊勢とイージス艦1隻と護衛艦4隻の機動部隊を那覇か宮古に配置しておけばいいと思います。
中国の海洋進出は、元々大陸国家が大陸内でのパイを取りきったから今度は国境線などの弱い海洋へ進出すると言うのと、太平洋をほぼ米軍が押さえてると言う事に対する対抗心でしょう。ただ、中国の沿岸部以外はそれほど発達してるとは言い難いので、常設海軍を整備するのは難しいでしょう。
何となく今の中国海軍は清朝末期の北洋艦隊を思い出させます。
Posted by König at 2011年12月13日 01:12
Köniさん、ご訪問とコメントをいつもありがとう
ございます。とっても励みになっていますよ。

北洋艦隊ですか。。。そういわれると、そんな
気がしないでもないですね。

日本は70年も前にはすでに空母を多数保持して
実戦まで経験していますので、中国が今更空母を
配備したと聞いてもピンときません。

しかも、日本のイージス艦とミサイル護衛艦に
配備されているSM3対空ミサイルは百発百中
ですから、航空機万能の時代ではなくなっています。

ただ、海上保安庁の巡視船だけでは、南シナ海の
安全には不安がありますよね。

Köniさんが仰るとおり、艦隊を常駐させるべき
でしょう。
Posted by 子竜 螢 at 2011年12月14日 11:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。