2011年12月23日

日の丸の掲揚を

天皇誕生日です。

78歳になられ、健康面でいささか不安が
ありますが、まだまだお元気な姿には逆に
元気をいただくほどでした。



ただ、なげかわしいことに、最近では日の丸
を掲揚する家がほとんどなくなりましたね。

天皇が象徴化されてしまったからでしょうか。
子竜が若かった頃の町の風景とはずいぶん
違ったものになりました。



日の丸を70年前の戦争に結び付けている
人も多いようですが、坂上田村麻呂の発案
による旗の意匠ですので、戦争とは何の
関係もありません。

日出ずる国の象徴であります。



祝祭日には日の丸を掲揚しましょう。

他の国では国旗の掲揚は当たり前なのです。
外国人から日本人を見たとき、きっと奇異に
映っていることでしょうね。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。お歳暮にどうぞ
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





posted by 子竜 螢 at 12:35| Comment(4) | 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久々に天皇陛下を敬う方の言葉をお聞きしあらためて先生の
立派な精神に触れた思いです。
国会内で失礼極まりない態度をとった議員がいましたが、
それもいつしかうやむやにされてしまい憤りを感じていました。
天皇を尊ばず男女平等をうたいだした頃から古来から受け継がれた日本人の良いとされる点が徐々に消えていきました。
玄関の前に日の丸が掲げられていた光景が懐かしいのは日の丸の思い出に付いてくる昭和の健全な時代が背景にあるからだと思います。
Posted by 花子 at 2011年12月23日 22:26
花子さん、いつもありがとうございます。

象徴となった皇室は直接の役には立っていま
せんので廃止論が出てきたりしますが、歴代の
総理が無茶をして独裁者になろうとしなかった
背景には、やはり皇室という存在があったから
だろうと思います。

昔の天下人だって、皇室を滅ぼして天下を取った
のではありませんよね。皇室は健全な政治に戻す
役割を存在そのもので担ってきたのでしょう。

海外では、祝祭日には必ず国旗が掲揚されます。
本当に昭和の日々が懐かしいですね。
Posted by 子竜 螢 at 2011年12月24日 18:31
信長でさえ、ですよね。
Posted by 西田です at 2011年12月24日 20:16
西田さん、コメントありがとうございます。

信長でさえも皇室を廃するなんて暴挙はし
ませんでしたね。

日本が北朝鮮化しなかったのは、まさしく
皇室の存在があったからです。

昭和天皇の戦争責任を言う人は、大日本帝国
憲法をもう一度確認してほしいと思います。
Posted by 子竜 螢 at 2011年12月25日 22:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。