2012年01月09日

成人の日とは?

毎年訴えていることなのですが、なぜ気候の
悪い1月に成人の日があるのでしょうかね。

太平洋側は晴天続きでも、日本海側は吹雪
です。せっかくの晴れ着が可哀想じゃない
でしょうか。



成人式には毎年必ずお馬鹿さんが登場します。
20歳になっているので容赦なく逮捕されて
一生前科者の烙印が押されるお馬鹿さん。

今年はどうてしょうか。



さて、成人式を待つまでもなくすでに20歳の
誕生日を迎えている人は、社会的な責任の大きさ
に戸惑っていることでしょう。

大人って、思っていたよりも大変なんだ。

そう実感してもらえますと、何歳の人とでも話
が合います。老人と対話ができない人は、まだ
スネかじり気分が抜けていないのかもしれませ
んよ。



子竜は新成人にひとつだけ言いたいことがあります。

借金するな! ってことです。

クレジットカードを持つな!
ほしいものは貯金してから買え!



日本人が大人になったとき、借金生活からスタート
しているという現実があります。

通勤のための車をローンで買う。

一見当たり前のようですが、まだ右も左もわからない
うちから甘い蜜の誘いで迫ってくるローンやクレジット
という罠。

今の日本は、経済的に一度でも破綻したなら、簡単に
やり直せる制度が整ってはいません。経済格差の底辺
にいたくなければ、無借金を貫き、リスクのない投資
をすべきです。

収入の多寡だけを問題にしがちですが、借金からの
スタートこそが根本原因だと覚えておいてほしい。



成人おめでとう。

これからは子竜の仲間ですからね。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。お年始にどうぞ
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:成人の日 成人式
posted by 子竜 螢 at 05:55| Comment(2) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は仕事柄、顧客に対して自分の家の財務諸表を作りなさいとよく言います。
簡単な貸借対照表を作って今現在の財務体質を確認して、どこを減らすべきかどこを増やすべきかを話しますね。
最近の若者はと言う言い方はしませんが、今の日本人はお金の事に関しては、シビアじゃないと思うます。一つの資産について遂行を行ってると言う感じがしませんね。保険とかはオバちゃんが・・・と言う感じですし、銀行の行員さんから勧めまれたから・・・と言う感じの話ばかりです。
こういう話を聞くたびに、親の方々の無知に悩まされてしまいますね。結論として無知を恥と思わない親が増えたと言う事かも知れませんね・・・
お金の話を学校の授業に取り入れない限り、借金についての考えは改まらないと思います。親が子に自分の失敗は、己の恥ですから話しませんからね。
Posted by König at 2012年01月10日 02:14
たしかに、お金のことを学校で教えないのが
最大の問題でしょうね。

生活費までパチンコにつぎ込む人がいる限り
経済格差は拡大する一方です。

Königさんのように財務諸表は簿記の知識が
ある人じゃないと作れませんが、子竜は2級
と会計を持っているので今度作ってみます。

貴重なご意見をありがとうございました。
Posted by 子竜 螢 at 2012年01月10日 06:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。