2012年01月14日

1000億の母なる惑星

科学誌ネイチャーによりますと、NASA
や大阪大学などの国際研究チームが、太陽系
外惑星に関する報告として、銀河系だけでも
1000億個の惑星が存在すると発表しました。

我らの太陽が特別な存在なのではなく、恒星を
巡る惑星の存在はむしろ普通であって、しかも
木星のようなガス惑星よりも地球型の岩石惑星
のほうが多いという。

さらには、太陽系に当てはめると、金星から
土星までの距離にある惑星が多いといいます
から、地球外生命が存在する可能性は一気に
高まりました。



もしも光速で飛べる宇宙船の開発に成功したと
しますと、一生の間に往復できる50光年以内
だけでも1600個もの地球型惑星が存在する
ことになります。

UFOの目撃事件がすべて自然現象の見間違い
であるとは断定できなくなってきました。

また、「エイリアン」や「宇宙戦争」などの映画
だって、ただのSFとして見過ごせなくなったの
ではないでしょうか。



ちょっと怖い反面、ロマンを感じさせてくれる
発表だったのですが、あなたはどちらでしょうか?


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:地球型惑星
posted by 子竜 螢 at 23:57| Comment(2) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
人間が地球外生命体を発見するのが先かターミネーターを作るのが先かという感じですね。
私はターミネーターを先につくろと思いますね。残念ながら戦争が最も技術革新を進める現状では平和的活用などと言う物では技術革新は発生しないと思います。
ウェルズのタイムマシンや宇宙戦争じゃあませんが、生物的な進化は何らかの強い刺激が必要なのだと思いますので、人間は人間の限界でいったん立ち止まると思います。
Posted by König at 2012年01月17日 02:05
Königさん、いつもありがとうございます。

これからの軍事は、国同士の戦いのためではなく
エイリアンの侵略に備えたものでなくては、と
感じています。

これだけの数の地球型惑星があるのなら、きっと
生物はいるでしょうし、地球人類以上に科学を
発達させた星だってあると思います。

対エイリアン用の戦士としてのターミネーターは
賛成ですね。ガンツのように人間が特殊な防護服
を着て戦うのは能力不足でしょう。

ただ、人類対ターミネーターの戦いにならない
よう、各国に技術と管理の共有が必要ですね。
Posted by 子竜 螢 at 2012年01月17日 08:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。