2012年01月15日

格付け会社の不思議

大手格付け会社S&PがEU各国の国際の
格付けを1段もくしは2段階引き下げると
発表しました。

現実的な発表なので反論すべき部分は、国際
経済への影響をもう少し配慮して、一気に2
段階はね、といったところでしょうか。



それにしても、格付け会社という存在そのもの
に馴染みが感じられません。

会社であるから何かで収益を上げなくてはなら
ないでしょうに、格付けだけして収益になって
いるとは思えませんね。

誰か詳しいことをご存知でしたら、教えてくだ
さいませ。ウィキぺディア程度のことじゃなく
て、収益構造が知りたいのです。



なぜ知りたいかといいますと、もしもFXで
収益を上げている会社だったとしましたなら
インサイダーどころじゃなくて仕手筋にあたり
ますよね。

自ら流した情報によって収益を上げていると
したなら、批判の対象に成り得ます。

いったい、何で収益を上げているのでしょうか。
とっても気になっています。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:格付け会社
posted by 子竜 螢 at 05:46| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。