2012年01月25日

雪道の歩き方

毎年のことですが、太平洋側に積雪があり
ますと歩行者の転倒事件が発生しています。

テレビのニュース報道でも転ぶ人の場面が
あって、よくぞタイミングよく撮影していた
ものだと思います。

そして、転ぶ人を思わず笑ってしまうのは
子竜が雪国で生まれ雪国で育ったからです。



ずっと以前に、東京に住まいする出版関係者
から、こんなことを言われた記憶があります。

「雪国で売られている革靴の底は滑らないよ
うになっているんでしょう?」

いいえ、底はツルツルです。表日本で売られて
いるものと同じなんですけどね。。。

それでも、雪国では子供以外に滑って転倒する
者なんていませんよ。歩き方が違うんですね。



車の運転でも同じことが言えるのですが、雪道
で普段と同じように進もうとするからスリップ
してしまいます。

コツは小幅な歩調にして、足を高く上げないこと。

車の運転では、トップギアにしないことですね。
フットブレーキではなく、エンジンブレーキが
効く状態にしておくことです。



今回の寒波で数百人が転倒して怪我をしたとの
ことですが、雪国の人間を田舎者だとバカに
しないでいただきたいですね。

満足に歩けない人から田舎者呼ばわりされたく
ありませんよ(笑)


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:大雪 寒波
posted by 子竜 螢 at 11:54| Comment(2) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
茨城県は交通死亡事故が多く、異常に車を飛ばします。
どこでも議論に熱くなり、お人好しな県民性です。
ちょうど水戸黄門みたいな頑固爺さまが多いです。

昔は積もりましたが、温暖化で雪は降りません。
降っても半日で融けます。問題は融け残った雪が、
翌日アイスバーンになることです。

関東は夜凍り、昼融けるので、氷の上に水の膜が出来ます。

冬の能登和倉温泉に2ヵ月住みましたが、雪質が違います。
ぐむぐむと踏む雪またはシャーベット道路だった記憶です。
圧雪では注意するので、転んでいる人はいませんでした。
雪国の人は、心の温かい人が多かったです。
Posted by いばらき at 2012年01月25日 14:22
いばらきさん、雪国への暖かいメッセージ
をありがとうございました。

和倉温泉ですか。。。子竜のところから車
で一時間半ほどの保養地ですね。

能登半島は昔から降雪量が少ないです。
富山県も最近は少ないですが、融雪装置
などの普及もあって、道路の積雪はほと
んどなくなりました。

早く春にならないかと心待ちにしています。
Posted by 子竜 螢 at 2012年01月26日 16:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。