2012年01月27日

呆れた答弁

野田首相の施政方針演説に対して、自民党の
谷垣総裁がマニフェスト違反の消費増税を
やるなら、解散総選挙で民意を問え、と代表
質問で迫りました。

問題は、野田首相の答弁です。

あらためて呆れました。財務官僚の言いなり
なので、まるで筋が通っていない。

筋とは、礼節の筋のことです。



答弁で野田首相は、こう言いました。

消費税の値上げの時期は現衆議院議員の任期
後のことであるから、当然総選挙で民意を問う
ことになるし、自分の首相在任中に引き上げる
のでもないので、マニフェスト違反にはあたら
ない。



なんという無礼な政策なのでしょうか。

それならば、総選挙後に新しい議員と内閣と
で増税論議をすべきであって、将来の内閣に
政策を押し付けようとしているのです。

もしも次期政権が徹底的な無駄省きをして
増税の必要なしという主義であったなら、
今やっていることこそ無駄以外の何物でも
ありませんね。

現政権は現政権でやるべきことをやってくだ
さいな。次の政権に政策を押し付ける真似は
筋を外していませんか。



早くも10%では足りないなどという意見
まで出てきています。無駄を省いた上で本当
に消費税の引き上げが必要なのであれば賛成
することもやぶさかではありません。

野田内閣がすべきことは、徹底的な無駄の
排除ではないですか。民主党のマニフェスト
にもそう書いてありますよ。

それでも増税が必要かどうかを判断するのは
次期政権の役割です。野田氏の役目ではあり
ません。



子竜は人を批判するのを好みませんが、当
ブログが辛口になったのは野田氏が首相に
なってからで、菅氏の頃まではむしろ庇って
きたつもりです。

野田首相に限らず、政治家はとくに礼節を
重んじていただきたいと思います。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:代表質問
posted by 子竜 螢 at 07:07| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私はこの答弁をテレビの音声で聞いてました。
こう言うのを詭弁と言うのだと思いました。公約を守っているという名目が選挙後であると言うのは民意以前の問題でしょう。
契約関係で、今後値上がりするという土地を買わせる。と言う原野商法みたいな感じですね。
商行為では禁止されてるのですから、これは信義に反すると言う感じでしょうかね。法律で禁止されていますが、公約と言う物に関しては特段の法令がないので違法ではないとは思いますが、これも立派な契約行為から発生したものだと思いますので、訴訟対象になってもいいのかなと思います。

それはさて置き、消費税を上げると言う名目が今後の福祉予算の増大が見込まれるからという事見たいですが、少し見方を変えると今集めてる分は、今使われると言う事になります。予算と言うのは都合上溜める物ではありませんから、使い切る仕組みになってしまいます。国の予算制度自体が1年制限で組まれてるので当然と思うかもしれませんが、1年限りと言う事は1年で削減が本来は可能だと言う事を政府は国民に示す必要があると思います。
答弁の内容が増税ありきで考える時点で、国民は増税を行う理由を受け入れる事は出来ないと思いますね。
Posted by König at 2012年01月29日 01:14
まさに Königさんの仰るとおりですよね。

誰かにお金を出してくれと頼まれたなら
使い道や理由の説明を求めるでしょう。

それを明確に答えられない人には金融機関
も貸し出しはしませんね。

コメントありがとうございました。
Posted by 子竜 螢 at 2012年01月30日 12:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。