2012年02月20日

三振ルールに賛成ですか?

時効が廃止になっても殺人事件はなく
ならないし、罰則が厳しくなっても
飲酒運転は後を絶ちませんね。

犯罪を犯す人は服役後も再犯するという
ので、三振ルールなるものがアメリカで
導入されています。

重さに関係なく犯罪を三回犯したなら、
一生刑務所から出られない終身刑にする
というもの。

野球の三振と同じで、ストライクが3つ
でアウトというルールです。



日本でも江戸時代には罪人の腕に刺青を
しました。1本筋は所払い。2本筋にな
りますと遠島でした。

3本筋にあたるのが死罪ですが、三振
ルールによく似ています。



ただ、今でさえも満杯な各刑務所では、
世の中の不景気もあって、懲役させる
ための仕事が確保できず、独立採算の
形が崩れつつあります。

つまり、囚人が定員よりも多くなると
税金で補填しないといけなくなるので
三振ルールには反対する意見もあるで
しょう。

あなたは賛成しますか?
それとも反対でしょうか?


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:三振ルール
posted by 子竜 螢 at 12:49| Comment(2) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は、三振ルール賛成です。
ただ、現行の法制度では冤罪の可能性が有る裁判が有りますので、確実な法整備が必要ではないかなと思います。
各刑務所の独立採算制を維持するのはこれから先難しいでしょう。合理的手段として、死刑の効率化と軽量犯罪者のGPS装着の社会奉仕活動の採用と言う辺りですかね。懲役3年以下の場合は社会奉仕活動を3年間行うというルールを作り上げて、刑務所以外の場所で生活してもらうと言う感じにですかね。
一番良いのは3新ルールで懲役及び禁固刑以上が3回で必ず死刑と言う方法が有れば、刑務所のパンクは避けられると思います。現実的には難しいですけどね。その場合でも、死刑は判決後1ヶ月以内に実施していかないと厳しいとは思いますがね。
Posted by König at 2012年02月21日 02:44
Königさん、コメントありがとうございます。

ここのところ、検察の不正が多いので、すぐ
に導入とはいかないでしょう。

ですが、性犯罪や詐欺犯罪はとくに再犯率が
高いので、罪状ごとの三振ルールもアリかな
と思います。

刑務所のパンクは外国人による犯罪ですね。
国籍を剥奪した上で強制送還するほうが安上
がりでしょうね。
Posted by 子竜 螢 at 2012年02月21日 23:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。