2012年03月11日

そのとき何してました?

日中の災害にもかかわらず2万人以上の
犠牲者を出した東日本大震災から1年です。

あのとき、子竜は近所のうどん屋で、食事
がてらビールを飲んでいました。



断っておきますが。。。

子竜は夜中に仕事をしますので、寝酒的な
飲酒であり、真昼間から飲酒している不良
ではありませんよ。



ビールを飲みながら震度2を体験しました。

しかし、直後に映ったテレビの画像には、
相当なショックを受けましたね。

パニックものの映画が好きな子竜ですが、
本物の津波がこれほど凄まじく恐ろしい
ものだと初めて認識させられたのです。

隣で飲んでいた客(三交代勤務の常連)に
子竜が交わした言葉を今でも覚えています。

「とんでもないことになりましたね。被害は
何千人でしょう?]

子竜の問いかけに、その客は言いました。

「何千だって? 何万人単位だよ」



結局、その客の言葉がより正確だったわけ
ですが、外れることを期待していただけに
衝撃は大きかったですね。

その晩は結局一睡もできず、テレビの余震
警報に振り回されました。

今でも古い友人二人が行方不明のままです。



一年が過ぎた今も、ほとんど何も復興してい
ない現実には怒りを覚えます。

まだ30万人以上が避難したままで、帰る
目処すら立っていないのは、政府が復興を
優先せずに、TPPとか増税などといった
今すぐじゃなくてもいい政策を打ち出して
貴重な時間を奪ったからです。

また、放射性物質に汚染されている瓦礫の
撤去が進んでいないのは、東電がまるで他
人事のような知らぬ顔をしているからで、
全国の自治体への瓦礫の受け入れ要請を地元
自治体の問題にしてしまっているからです。



当ブログは野田政権になってから、急激に
辛口となりました。

できれば明るく楽しい話題を提供したいのに
自分の役割と緊急優先順位のわからない政府
を見過ごすことはできません。



政府は復興にすべてのエネルギーを注いで
ください。さすれば、復興需要によって税収
もアップしますので増税する必要は当面ない
のです。

それがわからない首相と閣僚たちですので
まことに不本意ですが、当分は辛口か続く
でしょうね。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:東日本大震災
posted by 子竜 螢 at 11:18| Comment(3) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本日、天皇陛下のお言葉を正座して聞きました。
我が小学校には半旗が掲げてあり、校長も立派です。

昨年は喘息とストレスで養生していました。
メーカーの除染チームだったので、元気だったなら
原発の最前線に行っていたでしょう。

エンジニアとして再就職しても、最前線だったでしょう。
原発周辺の民宿も商店街もよく知っています。
被災された皆様に、心からお見舞いを申し上げます。

政府は、原発に代わる新産業を進めるべきです。
投入した予算は、所得税や法人税として戻ってきます。
増税には反対です。傷口に塩の愚策です。

最近、太陽フレアの影響か、パソコンが不調でして、
ソフト入れ替えやプリンターを買い替えました。
家や屋根の修理もろもろでお金は出て行くばかりです。
Posted by いばらき at 2012年03月11日 17:03
震災の時はお客さんと面談してました。
別れてからすぐにテレビを見た時に、仙台空港が水没する所と津波で港が呑み込まれていく状態を見てました。夜には市原のコンビナートの炎上を見てショックを受けてました。

新sないから1年は、早かったですが本来なら復興のビジョンがもう出来てないといけないのではないかなと思ってしまいます。国民の為の政府ならばなりふり構わない覚悟や矜恃と言う物が本来はあるべきだと思います。

私たちの世代は就職氷河期と呼ばれ、難関辛苦を耐えて来ましたが、10年経った今となれば、上はバブル下はゆとりと人生が罰ゲーム見たい感じになって、おまけに震災となれば、天は苦難を与えたいと思ってるような気がしますね。でも、これから数十年で日本を復興させるのは私たちの世代となるでしょう。今の野田総理らが20〜30年生きてるとは思えません。今の60代が逃げ切りモードならば、それを出来なくする必要があるかもしれませんね。

今回の震災で亡くなった方にはご冥福を、震災で被害に遭われた多くの方々にはお見舞いを差し上げた地と思います。
Posted by König at 2012年03月12日 02:56
茨城県も被災地でしたよね。今の政府のやり方
ですと、何年かかるのでしょう。

本当に大変なのはこれからかもしれません。

若い人たちの世代に復興の実務が渡されるの
ではないかと危惧しています。

そうならないよう、子竜は声高に叫び続けます。



Königさん、いつもありがとうございます。

早く復興による雇用を創出しないと日本全体が
ダメになりそうです。

今日も国会では復興よりも増税ばかりを議論して
います。

どうせなら、国会議事堂を直撃する大きな。。。
と思っているのは子竜だけでしょうかね。
Posted by 子竜 螢 at 2012年03月12日 12:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。