2012年03月18日

補填はとんでもない

AIJが預かっていた企業年金を大幅に減らし
ていた問題で、政府が1人あたり64万円の
補填を検討していることがわかりました。

なぜこの事例に国家の補填が適用されるのか、
理解に苦しみます。



というのも、何度も述べましたように、他人
からの預かり金をギャンブルで運用しようと
していたから損失が出るのであって、各企業
の責任において社員に補填するのが正しい
道筋ではないでしょうか。

これではまるで、仲介した元財務官僚の責任
を緩和するようなものですし、すべての企業
がAIJに加入していたわけでもありません
から、不公平極まりない政策でしょう。



こういう前例を作ってしまったなら、年金
運用の失敗はすべて国が補填しなければな
らなくなってしまいます。

また、リスクを伴う金融取引において、損失
の補填は当該法規に違反します。

よって、二重三重の愚策であることは疑う
余地がありません。



正しい企業年金の運用とは、基金で自社株
を増資の際に引き受けて、社員の頑張りを
退職後の所得アップに直結させることです。
他人任せの博打をすることではありません。

政府は中国の国債の購入にも前向きになって
いるようですが、社会主義国家の国債購入な
んて、ギリシア国債の購入よりも危険な博打
ですね。

消費税の問題も含めて政府は何でも財務官僚
の言いなりです。マニフェスト不履行と違反
とに少しのプライドもなかったのでしょうか。

中国の商標権問題で、国家としてのプライド
云々を言う前に、自分たちのプライドこそ再
確認すべきだと思いますよ。


※にほんブログ村の緑バナーを毎日ポチッとして
いただけたなら幸いです。



※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:AIJ
posted by 子竜 螢 at 12:56| Comment(2) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も反対ですね。

補てんする根拠がないと言うか、これでは投資会社が損失を出したら国が補てんするようなものです。
そもそも、企業年金は企業に委託してますから、プラスになってもマイナスになっても企業の責任で、補てん対象にすべきではないと思いますね。
これで支持率が上がると思ってる政府はおめでたいとしか言えませんね。2割の方を助けるために8割を犠牲にしてるようなものですから、愚かな政治判断だと思いますね。
Posted by König at 2012年03月19日 03:06
Königさん、いつも的確なコメントをいただき
まして、ありがとうございます。

ばら撒きは民主党の得意技、というよりも、
それ以外の政治手法を持っていないという
感じですよね。

まずは監督責任のあった省庁を処罰すること
から始めないと、国民は納得しませんね。

増税が必要になったのであれば、財務省の
責任も同様です。歴代の総理と財務大臣の
責任はどうするのかと言いたいところです。

まあ、今の政権が長く続くとは思えませんが。
Posted by 子竜 螢 at 2012年03月19日 12:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。