2012年03月21日

迎撃しましょう

北朝鮮が人工衛星の打ち上げと称して、来月
15日の発射を予告しました。

しかし、世界中が人工衛星とは思っていない
のは明らかで、仮に人工衛星だとしても、軌道
を安定させる技術があるのかどうか疑わしい。

つまり、いつどこへ落ちるかわからないものを
金日成生誕100年の記念花火代わりに打ち上げ
ようというものです。



この発射はアメリカからの食糧支援が決まった
直後に発表されました。六カ国協議の抜け駆け
的なアメリカ外交が、またしても翻弄された
形ですね。

そもそも、発射基地の新設費用も含めて、700
億円という巨額を投じた発射です。北朝鮮の国民
を2年間食わせるだけの費用を注いでいるのです
から、人道支援という言葉で騙されている。

支援の必要なんてありませんし、人民を飢えさせた
ミサイルですから断固迎撃しましょう。国会では
散々な田中大臣ですが、男を上げるチャンスです。



また、イージス艦のSM3と陸上配備のPAC3
との連携迎撃システムを、実地で訓練できるよい
機会でもあります。

そんなことをしたら、北挑戦と戦争になる?

いいえ、それこそ北朝鮮の崩壊でしょう。アメリカ
からの宣戦布告と同時に軍人のほとんどは逃げて
しまいます。彼らほどアメリカ軍の実力を知って
いる人たちはいませんからね。

ただし、必ず命中させてくださいよ。PAC3など
は1基8億円もしたのですから。


※にほんブログ村の緑バナーを毎日ポチッとして
いただけたなら幸いです。



※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:北朝鮮
posted by 子竜 螢 at 11:08| Comment(2) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
というか、迎撃成功しなきゃ…笑いものになってしまうでしょう。
確実に木っ端微塵に粉砕してほしいですね。
Posted by はんべ at 2012年03月22日 08:44
はんぺさん、いつもありがとうございます。

日本の防衛力が試されるときですね。

もしも失敗したなら、防衛のあり方をめぐっ
て国会での論争になりそうです。

それで消費税がブッ飛ぶなら、失敗もいい
かなって思ったりして。。。
Posted by 子竜 螢 at 2012年03月22日 09:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。