2012年03月23日

給与にも消費税を

消費税の値上げ法案について、まだまだ
言いたいことはたくさんあります。

そのひとつとして、給与に消費税が加算
されない不公平さです。



企業がある仕事を外注に委託すると、報酬
は消費税が加算されて請求されます。

一方、同じ内容の仕事を従業員にやらせても
給与には消費税が加算されません。

企業と従業員の間には雇用契約が結ばれて
いるのでかすから、給与にも消費税が加算
されないと不公平なのです。



年収1000万円未満の場合には消費税は
申告する義務はなく、多くのサラリーマン
は消費税分が増収となります。

かといって、企業側の負担が増えるのでは
なく、消費税の申告は払った消費税分を差し
引いてしますので、とくに赤字の会社などは
還付を受けられるでしょう。



子竜の収入であります印税にも消費税がなく、
どうしても増税というなら、不公平のないよう
にしていただきたいものです。

ただ、この法案は成立の見込みはなく、TPP
同様にお騒がせネタでしかなかったようですね。

要するに、現政権は何もできないまま退場という
ことでしょう。


※にほんブログ村の緑バナーを毎日ポチッとして
いただけたなら幸いです。



※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 09:28| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。