2012年04月06日

まだ就活浪人の人たちへ

昨日に引き続き、若い方へエールを贈り
たいと思います。

今日は、不運にしてまだ就職先が決まって
いない人たちへ贈る言葉です。



企業はあなたのことが嫌いなのではありません。

デフレ不況下ですので、縁故採用が多いのだろう
と思いますよ。

あなたは自分をもっと好きになるべきです。

あなた自身ですら好きになれない人物を、どこの
企業が採用してくれるというのでしょうか。



あなたは早く職にありつきたいと考えているで
しょうけれど、企業に一生厄介になろうと考え
ている人は、企業にとっては扶養家族でしかな
いのです。

起業するくらいの意気込みがなくては、何も感じ
てはもらえないでしょう。

起業に必要な発想力やリーダーシップ・判断力と
いったものこそ、企業は求めているのです。



面接のとき、笑顔でしたか。
大きな声で質問に答えたでしょうか。



あなたに今必要なのは、絶大なる自信です。
いつでも起業してやると言えるだけの自信です。

企業に媚びるのではなく、堂々と対等の気持ち
で面接に臨んでください。

きっと、道は開けます。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:就活浪人
posted by 子竜 螢 at 07:59| Comment(4) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
看板娘のメガネっ子さんが居なくなりました。
旅行または、ヘッドハンティングされた可能性も。
本屋さんはガラガラ、注文は1週間ほったらかし。
大切な人には、どんなに大切か言っておくべきですね。
縁あれば逢えるでしょう。復帰を待ちます。
Posted by いばらき at 2012年04月06日 13:55
いばらきさん、それは辛いですね。

今度会えたなら必ず伝えましょうね。
きっとまた会えると思いますよ。

ただ、他の店員さんにどうしたのかと
聞いたほうがいいでしょう。

時間は元に戻せません。

大切なことは今すぐに行動です。
Posted by 子竜 螢 at 2012年04月07日 16:43
続「三丁目の夕日」の茶川先生は格好いい。
シンノスケとお姉ちゃんと暮らしたくて、
困難に負けず、芥川賞を取ると頑張っている。

振り返って、我が身の不甲斐なさ。
もらう事や損得勘定で生きていないか?
言い訳の多い人生ではないか?

世の中に、大切な人に、何を与えているのか?
笑顔と挨拶で、周りを元気にしているのか?
自分は今後、どう生きていくのか?

自分は小説家になって、食って行きたい。
メガネっ子さんの顔を見て暮らしたい。
取り得は、熱血と無口とお節介。

子竜先生の「時は有限・即行動」に撃たれました。
虎になって全力で森を駆けてみます。
やらない後悔は、失敗した後悔より痛いですから。
Posted by いばらき at 2012年04月08日 00:26
いばらきさんの取り得が熱血と無口とお節介なの
でしたら、それほど心配することはありませんよ。

無口はともかく、熱血とお節介を行動に結びつけ
さえすればよいのです。

メガネっ子さんが寿退職したのでない限り、諦め
てはいけませんし、偶然に再会するのを待っても
いけません。

絶対にほしい女性なのであれば、どんな手を使って
でも他の店員さんから住所などを聞き出しましょう。

これが本当に最後のチャンスですよ。
Posted by 子竜 螢 at 2012年04月08日 15:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。