2012年04月09日

ソーシャルゲームの年齢規制

ソーシャルゲームへの規制が強まっています。

低年齢層が一般層と接触することによる性犯罪
の増加や、架空世界のアイテムが高額で取引さ
れるなどの弊害が出ているからとのことです。



アメーバピグも15歳以下と以上で完全にエリア
が分割されて、相互訪問できなくなりました。

少しやりすぎな感はありますが、論議を呼んで
いる問題ではあります。



そもそも、ミクシィなどのSNSではずっと以前
から出会い系的に使用している人がいて、使う人
のモラルの問題とされてきました。

しかし、今回の規制への動きは、使う人のモラルに
任せておけなくなった現状に憂慮したのでしょう。

とはいえ、ミクシィもアメーバピグも、利用者の
多くが低年齢層だけに、低年齢層の入会禁止にま
では至っておりません。



また、フェイスブックは実名と顔写真が原則ですか
ら最も性犯罪に利用されやすい側面を持っていると
思われるのですが、こちらのほうは規制など考えて
はいないようです。

グリーも同様に、自主規制の話はありませんね。



以上のことから考えると、片手落ちの規制には違い
なく、結局は利用者のモラルの問題に落ち着くので
しょう。

ゲームアイテムの売買も需要と供給がある限り、
なくすことはできませんし、大人がやるならいい
という問題ではないと思います。



まあ、こういう分野に興味のない人には関係の
ない話ですが、ツィッターでも使い方によって
は悪いことにも利用できるだけに、これからは
ネットの健全なあり方が問われることになるで
しょうね。

スマホなどの普及によってますます利用者が
増えるインターネットは、便利ゆえに諸刃の剣
です。

せめて子供さんが何に利用しているのかという
チェックだけは怠らないようにしてください。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





posted by 子竜 螢 at 14:40| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。