2012年04月13日

証人喚問で追求

衆議院の財務金融委員会にて、本日午前10時
よりAIJの浅川社長が与野党5人から質問を
受ける証人喚問が始まります。

また、午後からはAIJの顧問だった旧社会
保険庁OBも召喚されて、厳しい追及を受け
る予定です。



ご存知のように、浅川社長は投資成績の虚偽発表
を詐欺とは認めておらず、先の参考人招致でも
もっと資金があれば損失分を取り戻せるなどと
発言しておりましたが。。。

誰がみても運用という名を借りた博打への投機
であって、投資ではないのですから当然の結果
なのです。



そもそも投資とは、人に対してするものであり、
お金をお金に投ずるのは投機といいます。

すなわち、ギャンブルですね。



人への投資とは、ある人物が起業したいけれど
資金がない場合などに出資することを言います。

銀行の事業者向け貸付がその例です。

そして、事業計画でいくら儲かるかというよりも、
貸付担当者はまず人物を見るといいますから、投資
と投機の違いはおわかりになると思います。

株式ですと本来は会社の業績や経営者の姿勢を見て
出資する投資なのですが、値上がりだけを重視した
差益稼ぎになってしまうと投機ですね。



将来受け取る年金が減額されてしまう人には気の毒
ですが、お金でお金を増やす投機に走った報いなの
ですから、基金管理担当者を恨むしかないでしょう。

それにしても、投資と投機の違いを理解していない
人が大企業の年金管理者にいたなんて驚きでした。

投機の必勝法なんて絶対に存在しませんので、甘い
勧誘にはご注意を。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:AIJ
posted by 子竜 螢 at 05:37| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。