2012年04月24日

夏の電力不足は本当か

どうしても原発を再稼動させたい人がいます。

電力各社が夏の電力受給に関する予測を出し
ましたが、いずれも一昨年の猛暑時における
ピークを起算にしていて、とても現実的とは
思えませんでした。

このピーク時というのは、ひと夏を通算しても
わずか11時間でしかないのですから、節電の
工夫によってはいくらでも乗り切れる程度です。



ちなみに、子竜の自宅にはエアコンなんてあり
ません。昔、会社の事務員をしていたときに
冷房病になってから、エアコンが受け付けなく
なったのです。

だからといって、熱くて我慢ができないほどで
はなく、朝のうちの気温予想次第では、図書館
などの涼しい場所へ日中は避難しています。



このように、節電なんていくらでもできます。

家電品の待機電源をすべてオフにしておくだけ
でも、かなり違うでしょう。財布にもやさしい
ですしね。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





posted by 子竜 螢 at 20:39| Comment(5) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
電力不足に関しては、リスク管理の観点では事実だと思います。
ただ、現実対応としては整合性のない説明だと思います。簡単に考えれば、公共機関の使用を優先しておかないとトラフィックコンディションが破たんするようなものだと思えばいいのかと思います。

ただ、整合性のない説明を繰り返す結果としてピ−ク電力ありきの説明から入ってるのだと思います。
説明方法として考えれば、強迫概念からの説明なので止むえなしと考えるような前提文にもっていこうとしてる気がしますからね。
原発としては、良い産業と技術継承だと思いますが長期的にみれば新規技術の革新を目指すと考えればもう分裂型の核施設を持ち続けるのは得策ではないと思いますね。これからは非臨界型の核融合炉の開発に目を向けるべきかなと思います。それでも、後四半世紀以上後の話になるかもしれませんけどね。
Posted by König at 2012年04月25日 03:26
Königさん、いつもありがとうございます。

子竜が問題にしたい部分とは、震災から1年あまり
の間、原発の再稼動を前提に電力会社が何もして
こなかったことです。

NLGの世界標準取引価格の倍の値段で今でも
買い続け、顧客に世界一高い電力料金を請求して
いる体質そのものを問題としています。

なぜ火力発電所の緊急整備をしてこなかったので
しょうか。何もしないで不足するだなんて、当たり
前じゃないですかね。
Posted by 子竜 螢 at 2012年04月25日 07:51
( ノ゚Д゚)こんにちは 子竜せんせい。

最近やはり反原発の力、高まってきてますね。
だけど、原発廃止バッカリして、夏の電力は足りるのでしょうか?
でも、これは電力会社の脅しであったことがこの前
報道で発覚しましたね。

僕は停電も嫌だし、原発事故も嫌ですわ。
やはりメガソーラーや風力発電。コストは高いと思いますが、
脱原発の一歩として、こういうところからはじめるべきでは?

最近は100万ちょっとあればヤマダ電機で太陽光発電を導入できる
みたいなので、個人的にはこれを買うことを目標に
仕事頑張ってみますwww

相変わらず自分で小説も書いてます。おそらく投稿の方、今年は
挑戦すると思います。厳しいとは思いますけど一応今は趣味で
書いているのでまずはとにかく出すことが先決ですのでww
Posted by はんべ at 2012年04月25日 09:23
東海村には、世界の研究者とその家族が住んでいましたが、
震災後、白人や黒人のご家族はめっきり見かけません。
連日、食品放射能の数値越えで、危険を知らせる地域放送に、
原子力研究者は、東京や祖国に家族を避難させたのでしょう。
我が家の無農薬野菜作りも、テンション下がります。

使用済み核燃料は、地震で崩れて福島みたいに爆発します。
発電所は満杯です。一刻も早く地下に埋めるべきですね。
Posted by いばらき at 2012年04月25日 19:10
はんぺさん、コメントありがとうございます。

今年度の国家予算には、自然再生エネルギーの
開発予算がほとんどありません。

再稼動ありき、でしか考えていない政治家たち
のせいで電力不足は脅しであり、半分は現実で
しょうね。

福島の事故から1年以上も、不足を補う対策が
なかったことには信じられません。

ちゃんとやれば足りますよ。

小説のほうも頑張ってくださいね。



いばらきさん、いつもありがとうございます。

使用済み核燃料の施設もいずれは満杯になって
どうするのでしょうかね。

見切り発車のツケと原発施設の老朽化が指摘
されているのですから、いつまで再稼動に
こだわっているのでしょうか。

数兆円規模の新エネルギー国債を発行して、
本気でエネルギー問題に取り組むべき、と
思います。
Posted by 子竜 螢 at 2012年04月26日 21:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。