2012年04月30日

次元の違う論理

このところ、一度に大勢が亡くなられる悲惨
な交通事故が連発していますね。

こういう事故が多発しますと、なぜか原発推進
論者が元気になるようです。



原発の事故で死亡した人はいないが、交通事故
では年間3万人も死亡しているじゃないか、と。

原発に反対しているなら、車や航空機の使用も
反対したらどうなんだ、と言いたいのでしょう。



ちょっと待ってくださいね。交通事故と原発の
事故を本気で同列に考えているのでしょうか。

子竜にはただの屁理屈としか聞こえませんね。

なぜなら、交通事故はあくまでも当事者だけの
被害ですが、原発の事故は広範囲に及びます。

しかも、何十年もの間住めなくなるかもしれず
もしも西日本のどこかで重大な事故が発生した
なら日本は壊滅ですよ。

交通事故で国が壊滅するなんてあり得ません。



また、原発と太陽光の発電コストの比較では、
太陽光にはソーラーパネルの費用を盛り込んで
いるのに、原発の建設費ややがて廃炉にする
ときの費用や使用済み燃料の処理費を含んで
いないのは詐欺的ですね。

原発の立地に支払われる多額の交付金も勘定
に入れていないのは変じゃないですか。



さらには、地球温暖化と絡み合わせてね原発の
正当性を訴える人がいますが、最近では多くの
気象学者が言っているように、地球は寒冷化に
向かっています。

太陽の磁極が4極へと変化しているので、かつて
ロンドンを流れるテムズ河が凍結したときと同じ
気象状態が10年以内に来ると予測されているの
ですよ。



まあ、目一杯公平に眺めてみても、ネット上では
原発推進派の論理にはごまかしの数字が多く、反対
派の論理は控えめな数字をもとにしていますので、
どちらが正しいかは明らかですね。

原発と車社会を同列に考えている限り、再稼動が
国民の理解を得られないでしょう。

どうしても原発でなくちゃならない理由って何で
すかね? 火力発電所の増設で健康被害が増える
と言いたいのでしょうか。NLGは二酸化炭素や
有害物質をほとんど出さないのですが。。。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 08:41| Comment(0) | 交通安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。