2012年05月14日

茶碗蒸しの作り方

和食の中で、意外に正しい作り方を知らない
のが茶碗蒸しではないでしょうか。

市販の料理ブックを見ますと、著者ごとに千差
万別ですね。これではどれが正しいのやら迷う
ことでしょう。

以下に、正しい手順を書いておきます。



まず、具材を切りそろえます。椎茸は薄く、鶏肉は
小さくまとめ、薄いだし汁で下茹でしましょう。
具材がそろったら、茶碗に入れます。

次に、卵を溶いてだし汁と合わせます。1対3の割合
がベストなので、料理ブックに書いてある割合は忘れ
てください。

そして、卵とだし汁を混ぜ合わせたものを、2回裏ごし
しましょう。必ず2回やってください。

それを静かに茶碗に入れると準備完了ですが、周囲が
泡立っているときは、着火マンの炎を近づけて泡を
取っておきます。



いよいよ、ここからが蒸す作業なのですが、いきなり
茶碗を蒸し鍋に入れてはいけませんよ。水の状態から
入れますと蒸しムラの原因になります。一度鍋の中に
蒸気が満ちてから火を止め、茶碗を均等に入れます。
茶碗同士や鍋の縁と触れないようにしましょう。

ここで大切なのは、鍋の蓋の端に菜箸をかませて蓋を
斜めにすることです。水滴が茶碗の中へ落ちませんから
茶碗の蓋が不要となって早く蒸しあがります。

最初は強火で2分程度。あとは弱火で15分ほどですが
蒸し上がり状態をみるには、茶碗の端に竹串を刺します。
引き上げたときに卵のカスが付いていたらまだで、透明
な汁だけでしたらOKの印です。

仕上げに三つ葉などを乗せますと、本格的な茶碗蒸しの
完成です。



いかがでしたか?

きっと、今までの手順とは微妙に違っていると思いますが
これが正しい作り方なのです。

うまくできましたなら、今度はドンブリなどでジャンボ
茶碗蒸しに挑戦してみてください。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:茶碗蒸し
posted by 子竜 螢 at 11:30| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。