2012年06月27日

二兎を追うものは

普天間基地問題が不透明な中、オスプレイと
いう輸送機が沖縄の基地に配備されようと
しています。

ニュースなどでご存知のように、オスプレイ
は航空機とヘリコプターの両方の飛行機能を
持ち合わせている画期的な輸送機として開発
されましたが、墜落事故が連続して発生した
ので、配備に問題視されています。



子竜が思うに、こういう多機能な兵器に共通
しているのは、開発者と用兵側との意識の
違いによるアクシデントです。

開発者はおそらく、離陸してから着陸まで、
飛行の途中で機能変更するのを前提にはして
いなかったのではないでしょうか。

すなわち、目的地の距離や地形などを勘案し
て、航空機として発信させるか、ヘリとして
使うかを限定した上での用兵を想定していた
のだと思われます。

しかるに、用兵側とは欲なもので、ヘリとし
て発進させて、空中で航空機機能に切り替える
訓練をさせたのでしょう。



事故はいずれも、切り替え時に発生しました。

当たり前です。プロペラの姿勢を縦から横へと
変える瞬間に、機体は制御不能に陥るのです。

もちろん、その逆も同じですね。



第二次大戦でも、戦闘機と爆撃機双方の性能を
併せ持つ航空機を各国が競って開発しましたが
戦闘爆撃機で成功したものは、ついに出現しま
せんでした。

二兎を追うものは、の例えどおりですね。

結論としては、用兵側が欲張らないのなら配備
は可で、欲張るのなら拒否しなくてはなりませ
ん。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:オスプレイ
posted by 子竜 螢 at 09:44| Comment(5) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
推察しますに、近距離はヘリ、長距離は飛行機を
考えたと思います。しかし、高速になってからで
ないと、変形時の揚力が全く足りません。
用兵者は低速、低高度で、変形するのでしょう。

買い出しを頼まれた父が間違え、母と大喧嘩です。
大雑把ですから、起こるべくしての結果です。
釜飯もカレーもマーボー豆腐も父には同じに見え、
食品の安売り100円差なんて誤差の範囲です。

用兵側としては「こんな問題があるから交渉しろ」が
負けず嫌いで正義感の父が生きる道です。
母の料理と株主総会が、今日の昼ビールの肴です。
Posted by いばらき at 2012年06月27日 13:26
メディアが入るのは画期的な東電の株主総会のニュース。
東京電力病院は新宿の一等地に122億円を維持して売却せず。
社員とOBその家族のみの総合病院で、一般人は門前払い。
存続理由は「医師が福島に行っているので必要性がある」
社会貢献を無視して重役のお抱え病院だと猪瀬副知事は怒り、
東京都が立入調査「医師1名が土日に福島に行ったと判明」
東電会長は日本原子力発電に天下り。

正直さ、潔さ、信用は大切ですね。
Posted by いばらき at 2012年06月28日 18:07
いばらきさん、いつもありがとうございます。

次の総選挙で政権を取った人が、東京電力に
メスを入れるのでしょう。

消費税に加えて、原発も争点になるでしょう
から、国民はそういう政党の出現を待って
います。

早く解散してほしいですね。
Posted by 子竜 螢 at 2012年06月28日 20:42
オスプレイは、運用だけを考えれば理想的な兵器だと思います。
ただ現状では、墜落が問題とマスコミが言ってますが、反日勢力から
たと、展開速度の速さが脅威だと言えるのでしょう。

自己の回数を飛行機と自動車で比べてはいけない省が、車のメンテは、場合によれば素人の少しましな方で、飛行機は専門家です。それを問題とされてしまっても恐らく世界中どこの軍を見渡しても対応は不可能と答えると思います。一部の方は、墜落が・・・と反しますが、」それは嘘だと主ますね。

いずれ日本も配備する機種でしょうから、日本政府8はこれの問題点解決を出来るように情報収集にいそしむべきだと思いますけどね。民主党では、無理だと思いますがね。
Posted by König at 2012年06月29日 03:15
Königさん、いつもありがとうございます。

野田政権で唯一よかったと思えるのは、森本
防衛大臣の起用でしょうか。

民間人だからとか、元自衛官だからという批判
はありますが、日本の防衛に関する第一人者に
は違いありません。

森本大臣が、オスプレイの墜落事故の原因を
用兵の間違いと指摘したのはさすがだと感じ
ましたね。

仰るように、民主党政権では森本大臣を充分に
生かしきれないでしょう。

というより、余命がいくらもないでしょう。
Posted by 子竜 螢 at 2012年06月29日 08:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。